SELECTION
パナソニック、大阪ガス、DeNA…

新規事業、提携、M&A…高まる『事業開発(BizDev)』求人ニーズ、採用活動も活発に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取り上げていくのが、「事業開発(BizDev)」の求人について。近年、大手からスタートアップまで多くの企業による募集が見受けられるようになってきた。採用ニーズは高まっていると言えるだろう。

ただ、「事業開発」と一言で言っても、業務領域、さらに求める人材要件は各企業でさまざま。営業、マーケティング、サービス企画などの経験者が新たなキャリアとして選択するケースもある。実際にAMBIで募集されていた求人から、具体的な「仕事内容」「求められる採用要件」を見ていこう。

「事業未満」を「事業」に変える

「事業開発」が携わる業務領域は幅広い。アライアンス、出資、M&Aなどによる他社との連携はその一例だ。ビジネススキームの設計、プロダクト開発、マーケティング・PR戦略の立案などに携わっていくこともある。

その役割について、わかりやすい定義だと『「事業未満」を「事業」に変えること』(*)といった表現もある。

他社とのアライアンスによるプロダクトの拡充、新規事業の創出、海外への進出など、多くの企業が新たな展開を仕掛けている。その推進役として「事業開発」のポジションを募集しているケースも多い。

事業企画や開発の経験者はもちろん、営業やマーケティング職からのキャリアチェンジの可能性もある。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり

大手メーカー、インフラ、メガベンチャー…各社が求める「事業開発」の採用要件

それでは実際にどういった募集が行なわれているのか。特に今回は、パナソニック、大阪ガス、DeNAの求人から「携わる業務」「求められる人材要件」について見ていこう。

パナソニック

募集が行なわれていたのが、くらしの統合プラットフォーム「HomeX」の事業開発マネージャーだ。

くらしの統合プラットフォーム「HomeX」とは、2018年10月に“本格始動”を発表した新規事業。募集ポジションでは、大きく「住空間をターゲットとした事業開発マネジメント」に携わっていくという。

現在、「HomeX」はアライアンスを積極的に推進。たとえば、2018年12月にはクックパッドとの戦略的パートナーシップ締結も話題となった。

実際に仕事内容として記載されていたのが、「共創パートナーとのエコシステムや事業としてのロードマップを明確化した上で、事業責任者及び担当者との緊密な連携により、事業開発のサポート及び実践」。さまざまな企業と事業の可能性を模索し、最前線で交渉をしていく。貴重な経験ができる環境だと言えそうだ。

今ポジションでは、事業開発の経験がなくても挑戦の可能性がある。要件としては「 デジタルサービス事業に携わった経験」「 プロダクト開発、事業開発経験」の記載が見受けられた。特に、開発・事業サイド双方との協業経験が活かせる環境のようだ。

大阪ガス

「総合エネルギー事業者への進化」を掲げ、海外エネルギー事業の拡大を進める同社。こうした海外事業開発に携わるポジションで募集が行なわれていた。

携わる業務の一例として挙げられていたのが、「LNGプロジェクトや石油・ガス田権益の新規取得に関わる諸業務」。たとえば、投資案件開拓、埋蔵量や地質等の上流技術評価、LNG液化設備等の設計・建設・運転の技術評価、プロジェクト経済性評価、取得条件・契約書交渉などを担っていくという。

特に人材としては、職種経験ではなく「海外ビジネスの実務経験」「ビジネスレベルの英語力」を必要としている。欧米オイルメジャーとのプロジェクトなども多く、海外のビジネスパートナーと密に折衝を行なっていくポジションであるからだ。

1点、応募の際に注意したいポイントとしてお伝えしたいのは、マインドの部分。求める人材像として「リスクを恐れず新たな事業を開拓するフロンティアスピリットをお持ちの方 」が掲げられている。ぜひ、自身の経験に照らしてみてほしい。

DeNA

MaaS領域の事業開発ポジションで募集が見受けられた。同社は、「AIを活用したタクシー配車アプリ」「無人運転車両による交通サービス」「完全自動運転バスによるロボットシャトル」など、積極的な事業展開を仕掛けている。

携わる業務の一例としては、「事業パートナー候補へのアライアンス営業、及びリレーション構築」が挙げられていた。 すでに、日産自動車、ヤマト運輸、フランスのEasyMile社などと連携し、新たなサービスの開発、実証実験を行なっている。社会的にも注目されるプロジェクトに携わっていく可能性もあると言えるだろう。

さらに求める人材要件としては、「既存事業の最大化に貢献した事業推進経験」「複数のプロジェクトを並行して管理したプロジェクトマネジメント経験」。さらに、「高いコミュニケーション力」の記載も見受けられた。マネジメントラインとして携わった事業にいかに貢献してきたか、選考ではこうした経験が見られるポイントだと言えそうだ。

(*)引用
『BizDev』ってなんだ?メルカリ・マネーフォワード・WiL・トレタの BizDev Night!ーキャリアハック
https://careerhack.en-japan.com/report/detail/672

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト