REPORT
EdTech関連求人を特集

EdTechで変える、ニューノーマル時代の教育

掲載日:2021/02/15更新日:2021/02/22
求人掲載中

2020年に覆ったコロナ禍によって、教育現場は劇的な変化を遂げた。オンラインへの転換が迫られるなか、注目が集まるのがEdTech企業だ。関連求人とともに、その動向について見ていこう。

コロナ禍に高まる、EdTechへの注目

いま、EdTechはグローバルで注目されるビジネス領域の一つだといっていいだろう。

事実、2020年第一四半期、世界のEdTechスタートアップにおける資金調達額は30億ドルを突破(*1)。前年は年間で70億ドルの規模だったことを考えると、投資家たちの注目は一層高まっていると見ていいだろう。時価総額1,000億円を超える、いわゆるユニコーン企業も2020年だけで4社誕生した(*2)。

当然、その背景にあるのは、2020年に世界を覆ったコロナ禍による教育環境の変化だ。日本をはじめ、世界各国の教育機関が休校を余儀なくされたことは記憶に新しい。こうした状況下においても良質な教育機会を提供する。ニューノーマル時代の新たな教育のかたちをつくる上で、EdTech企業への期待が高まっているのだ。

本格化する、国内「オンライン教育」への動き

世界に比べ、教育におけるオンライン化の遅れが指摘されていた日本でも、一気に加速の兆しを見せている。

その動きとして注目したいのが、本格化する政府による「オンライン教育」推進だ。

2019年、政府が発表したのが「GIGAスクール構想」。これは義務教育を受ける児童・生徒に向け、「1人1台の学習用端末」「高速大容量の通信ネットワーク」を整備する計画だ。当初2023年度までを予定していた方針は、コロナ禍の影響を受け、2020年度内の実現へと前倒しされた。予算としてもICT環境整備に2,000億円以上が計上されている。

今後「オンライン教育」が前提となるなか、EdTech企業が活躍できるフィールドは急速に広がっていくと見ていいだろう。この市場拡大フェーズにおいて、いかに新たな価値を提供し、サービスを社会に浸透させていくか。働く環境としても、いま非常におもしろいタイミングであるといえる。

EdTech企業が、積極採用へ

ではいま、EdTech領域においてどういった募集が行われているのか。一例を見ていこう。

■モノグサ
記憶のプラットフォーム『Monoxer(モノグサ)』を開発。ユニークなのは、学習者はただ問題を解いていくだけで、覚えたい内容について、設定した期間内に「記憶」が定着した状態にできる点だ。

その背景にあるのが、個々の「記憶」レベルを計測するAIの存在。国語、算数などの教育科目に加え、英語スピーキングや企業の研修などにも対応している。

■COMPASS
AI型タブレット教材『Qubena(キュビナ)』を提供。AIが児童・生徒の得意・不得意を分析し、個々に最適化した問題を自動で出題する。

導入学校数は、2020年9月までの1年間で670校増加したという(2020年9月時点:750校)。

その他、学校教育に加え、英会話やプログラミングなどeラーニングサービスを提供する企業でも採用が見受けられた。ぜひ実際の求人をチェックしてみてほしい。

(*1)ユニコーンが続々誕生。コロナ禍で勢いを増す世界のEdTech
https://initial.inc/articles/global-startups-edtech
(*2)2020年上期にユニコーンになったEdTech系企業4社
https://edtech-research.com/blog/vol13-edtech-unicorn-1h-2020/#:~:text=%E4%BB%8A%E5%9B%9E%E3%81%AE%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%812020,%E3%81%AE%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト