SELECTION
未経験OKの広報募集、その理由とは?

職種転換で「広報・PR」に! 営業や編集・記者から目指す道も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、広報・PRを「未経験OK・職種転換歓迎」で募集する求人が増加傾向に。その理由とは? 実際の求人情報とあわせて見ていこう。

>>>『「未経験OK・職種転換歓迎」広報PR』求人募集の一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

広報・PR活動が、事業の鍵を握る時代に。

現在、広報・PR活動に力を入れる企業が増えている。たとえば、「自社のサービスや商品・製品を世に広めたい、知ってほしい」と考えたとき、広告を活用していく手法も。

ただ、情報が溢れかえる昨今において、広告だけでは届けたい層にリーチできなかったり、共感を得ていくことが困難であったり、課題も少なくない。

そういったなか、「どういった風に自社が世の中から見られたいのか」「どう共感を得ていくか」生活者との架け橋をつくるために、広報・PRが戦略を立てていくというわけだ。

また、ベンチャーやスタートアップなどは広告予算も限られる。いかに予算を使わずに自社をPRできるかは重要なテーマに。さらに「サービスや商品・製品を世に広める」ということに加え、自社そのものを世の中に知ってもらうことは、人材採用にも欠かせないこと。採用難の時代に、各社が主体的に考えていくことが求められている。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
SEC

営業や編集・ライターからの職種転換も!広報の仕事とは?

特に注目したいのが、経験不問・未経験OKで求人募集を行なっているケースだ。「広報経験者でなかったとしても、活躍の可能性は充分にある」と考える企業も少なくない。それは、別職種であっても「培ってきた能力」を重要視しているからだ。

たとえば、広報・PR活動をしていく上で、メディア関係者とのリレーション、交渉や調整、情報提供などは欠かせない。もっといえば、社内でも多くの関係者に協力を得ていくことになる。求められるのは「相手にメリットを感じてもらえるような交渉・調整」「スムーズにコミュニケーションし、信頼関係を構築できるスキル」。営業などで働いた経験が大いに活かせるはずだ。

また、「自社を世の中にどのように見せていくか」という部分は広告制作・編集のスキルと重なる部分が多い。さらにはプレスリリース・ニュースリリースの配信、自社ホームページ・記事更新、SNSでの発信など、自社で担うケースも増えてきた。そういった場合に活かせるのが、文章ライティングや編集のスキル。実際に「編集」や「記者」の経験が活かせると記された求人情報もあるほどだ。

いずれにしても大事なのは「経験」そのものではなく、どういった「能力」が求められているか。それまでの能力を活かし、職種転換できる可能性が充分にある職種。今なら“興味あり”を押すことで『合格可能性』がわかる。気になる求人があった方はぜひトライしてみてほしい。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト