REPORT
サッカー業界で働く求人特集

「サッカー」を仕事に! 経営企画からDX・コンサルティングまで|サッカー業界で働く求人特集

掲載日:2023/06/16更新日:2023/06/20
求人掲載中

2022年W杯における日本代表の活躍も記憶に新しいサッカー。Jリーグを含め、盛り上がりを見せており、ビジネスとしての可能性も拡大。サッカー業界で働く選択肢も広がるなか、関連求人も多数掲載されている。現在、どういったポジションでの募集があるのか、詳細について見ていこう。

サッカー業界で働くという選択

2022年のW杯(FIFAワールドカップ)、日本代表における前評判を覆す数々の劇的な試合、大旋風も記憶に新しいサッカー。日本人選手たちの海外で活躍、世界的な有名な選手、監督のJリーグへの参画などもあり、業界全体でも盛り上がりを見せている。ビジネスとしても、さまざまな新たな試みも行なわれ、市場・産業としても着実な発展を続けてきた。

近年でいえば、デジタルを活用した観戦体験、視聴体験のアップデートはもちろん、各クラブチーム独自の取り組み、サポーターとのコミュニケーション・コミュニティ運営などでも新たな試みがさまざま行なわれている。

世界中に約35億人のファンが存在すると言われ、競技人口は約2.5億人とも言われるサッカー。国内においてクラブ・運営団体の職員として働くだけではなく、デジタル面での支援、財政面を分析・経営面からサポート、コンサルティングなど「サッカー関連求人」の選択肢が、今まさに広がっていこうとしている。

この記事が掲載されている特集はこちら
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
若手ハイキャリアのスカウト転職