REPORT
デザイン・編集・企画・マーケ…

「リモートワークOKの求人」募集職種は?押さえておきたい、働くメリット・デメリット

掲載日:2017/10/30更新日:2021/02/18

ここ最近、各社で進んでいるのがリモートワークの導入。今回は、デザイン・編集・企画・マーケティングなど「クリエイティブ職」を中心に見ていこう。

>>>「リモートワークOKのクリエイティブ職」求人一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

政府も推進。いま「リモートワーク」が注目される理由とは?

2020年まで、毎年「7月24日」が「テレワーク・デイ」に設定されたことをご存知だろうか。一般的には「リモートワーク」という呼び方もされる。

政府が主導し、推進している背景にあるのは、オリンピック開催に向けた、交通混雑の回避。さらにリモートワーク導入企業のおいて、生産性・従業員満足の向上、ワークライフバランスの改善などが見て取れたという。

(参考)http://teleworkgekkan.org/day0724/

同時に、大手企業をはじめ、さまざまな企業での導入が進んでいる。たとえば、「リクルート」や「日産自動車」は全社員がリモートワーク制度を利用することが可能だ。

リモートワークにおけるメリットは、以下のようなものが挙げられる

・通勤時間などの節約と、それによる生産性向上
・自分に合わせた働き方ができる(社員)
・優秀な人材を地域問わず採用できる(企業)

たとえば、「リモートワーク可能」とすることで居住地に関わらず優秀な人材を採用することも可能となる。また、働く側にとっても介護や育児をはじめ、家庭と仕事を両立していく上でもメリットがある。退職の防止にもつながっていく。

背景として、インターネットでのテレビ会議やチャットツールなど、ITインフラが整い、遠方とのやり取りがスムーズにできるようになったことも挙げられる。

同時に対面でのコミュニケーションがとれないため、どのようにリモート社員の組織へのコミットメントを高めていくかといった課題はある。各社の取り組みや工夫に注目したい。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

デザイン・編集・企画など...クリエイティブ職で「リモートワークOK」が多い?

「リモートワークOK」の求人でとくに多いのが、デザイナー、編集・ライター、企画、マーケティングなど…非定型のクリエイティブ職だ。自由な場所で働きたい方は必見だ。

ただ、気をつけたいのは、リモートワークで仕事をする場合、クオリティの高い成果物・アウトプットが求められる傾向にあるということ。というのも、リモートワークでは上司や評価者が身近にいないこともあり、そのリアルな働きぶりや声などが届きづらい、見えづらいという特徴がある。同時に、プロセスよりも結果でみてほしいといった方には向いている働き方と言えそうだ。ぜひ実際の求人をチェックしてみてほしい。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト