REPORT
広報・PRのスペシャリスト求人の傾向とは?

広報・PRのマネージャー&責任者募集に注目。戦略PR・コーポレイトブランディングを担う人材に求められるものは?

掲載日:2017/12/14更新日:2018/07/17

いま、多くの企業が広報・戦略PRを強化している。その中でも鍵を握るのが責任者・マネージャーのポジションだ。どういった領域で求人ニーズが高まっているのか。また、どういった人材が求められているのか、詳しく見ていこう。

>>>「"広報・PR”マネージャー・責任者」の求人一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

新サービスで「広報・PR」の求人ニーズが増加?

誰もがスマホを持ち、インターネットがインフラ化していく時代。企業における広報・PRにおいてもさまざまな角度からのアプローチ、戦略が求められている。いかに優れたサービスや商品が開発できたとしても、広まらなければ意味がない。情報過多の時代に、メディア連携はもちろん、SNSをはじめ、情報をどう届けるか。各社、重点的に取り組んでいるというわけだ。

たとえば、求人募集を見ていくと「クラウドソーシング」「ヘルスケア」「AI」「ブロックチェーン」といった新しいビジネス・事業を仕掛けている企業での募集が多く見受けられた。

高い技術力があるものの社外に向けた発信・アピールに苦戦していたり、メディアリレーションを強化したいと考えていたり、狙いはそれぞれ。転職を検討している広報・PR経験者たちは、その企業の成長性、仕掛けている事業の可能性や革新性などは注目したいポイントだ。

2017年12月現在、「広報・PR」マネージャー・責任者として、下記のような募集があった。

▼広告・プロモーション、投資関連事業などを行なう企業
「AI」「ブロックチェーン」「VR/AR」など先端技術を活用したプロダクト・サービス開発に力を入れている同社。広報戦略の企画・立案・実行などのディレクションを担っていく。

▼ヘルスケア領域を中心に、40以上のサービスを開発している企業
社内初の広報ポジションを募集。立ち上げ責任者として、広報・PR戦略を自ら企画・立案・実行を手がけていく。経営陣とも議論を重ね、広報戦略をつくっていくようだ。

新たなポジション、ミッションにチャレンジをしていく。求人ニーズが高まっているなか、選択肢も多い。広報・PRにおいて次なるキャリアを検討される方は必見だ。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト