REPORT
農業ビジネスが活況に!?

農業ビジネスで「食」の未来をつくる! 大手・ベンチャーの求人最前線。

掲載日:2017/11/24更新日:2020/01/22
求人掲載中

大手・ベンチャー企業において「農業ビジネス」への参入が加速している。これまで課題も多かった「農業」をアップデートさせていく。そんなイノベーションの担い手となる求人募集にスポットをあててみよう。

>>>「農業ビジネスに携わる」一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

「農業」をテクノロジーでアップデート!

農業従事者の高齢化・減少、世界的な自由貿易化など、日本を取り巻く「農業ビジネス」の課題は少なくない。同時に、それらの課題解決に向け、大手・ベンチャーなど、さまざまな企業が農業ビジネスに参入。テクノロジーを活用したさまざまなサービスが誕生している。

そのひとつが「クラウド型農業生産管理ツール」だ。経験にもとづく「勘」を頼りにしてきた農作業を可視化し、作業の効率化に貢献していこうというもの。たとえば、農薬などの使用状況をアーカイブ化し、データ管理ができる。スマホやタブレットなどでわかりやすくデータをビジュアライズ。作業進捗や育成状況なども正確に把握ができる。

他にも「温室内環境遠隔モニタリングシステム」といったサービスも登場している。これは屋内施設での栽培において、温度、湿度やCO2などを測定。栽培環境をコントロールし、計画的に農作物を育てられるというもの。

さらに「直売所などの売り場状況を、生産者がスマホでリアルタイムに確認できるシステム」なども登場。アナログのイメージの強かった農業が、テクノロジーにより大きく変化しようとしている。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

ベンチャー・大手さまざまな企業から、「農業」に携わる募集が。

こういった「新たな農業ビジネス」において、各社求人募集も強化している。

たとえば、農作物を育てるための「温室内環境遠隔モニタリングシステム」を提供するベンチャーでは「経営企画職」の募集が見受けられた。担うのは、経営方針の策定や新規事業の企画、M&Aなど。同企業は東証マザーズに上場しており、今後のさらなる成長が期待される。役員直轄というポジションも魅力だろう。

また、世界的な電機メーカーにおいて「農業、医療福祉などのサービス産業向けロボット開発管理」のポジションの募集もあった。社会的な課題を解決すべく、新規事業創出というミッションを担う。

「農業」という、これからの時代においても重要となるテーマに携わっていく。過渡期を迎えている業界だからこそ、自身の手腕を発揮し、変革を担っていく仕事のやりがいがありそうだ。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト