SELECTION
成長マーケットで働く!

認知度が高まるクラウドソーシング、その運営会社で働く魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的にも認知されるようになってきたクラウドソーシングサービス。なぜここまで広く普及している? そのサービス運営企業で働く魅力は? 実際の求人募集とあわせて見ていこう。

>>>「クラウドソーシングサービス」の関連求人はこちら

今さら聞けない! クラウドソーシングって何?

クラウドソーシングは、インターネット上で仕事の受発注ができるサービスだ。「仕事をアウトソーシングしたい人」と「仕事をしたい人」をマッチングする。その市場は大きく成長を続け、2020年度には2950億円規模になるとも予測されている(*1)。

このサービスが注目され、一般的になってきた背景には、業務委託で働く人、いわば「フリーランサー」の増加があげられる。

その人口は1119万人(*2)。個人事業主だけでなく、会社員が副業をするケースや、主婦が空き時間を使って仕事をするケースも。例えば「時間や住む場所にとらわれず自由に働きたい」「収入を増やしたい」「スキルを磨きたい」といった声に、クラウドソーシングは応える。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

じつは今、政府も「働き方改革」の一貫として、フリーランサー支援に積極的に取り組んでいる。副業解禁の流れもその一環。フリーランサーのための法整備も進み、今後フリーランサーの数は一層増えることが考えられるだろう。

国内サービスとしては「クラウドワークス」「ランサーズ」といったサイトが有名だ。新サービスも仕掛けており、「ランサーズ」は新生銀行と連携し、フリーランス向けクレジットカードの開発に着手。フリーランサーの「クレジットカードが持ちづらい」といった課題も解決していく。

>>>「ランサーズ」の関連求人はこちら

その他、クラウドソーシングサービスではないが、フリーランサーをサポートする様々な関連サービスも注目されている。たとえば、クラウド会計ソフト「freee」や「MFクラウド会計/確定申告」はすでに、フリーランサーの確定申告にとって欠かせないツールになっている。

>>>「freee」の関連求人はこちら

クラウドソーシング運営企業の求人に注目! 新サービスもぞくぞく

今ニーズが高まっている「クラウドソーシングサービス」に携わる求人に注目した。

たとえば、大手「クラウドワークス」では、事業開発のポジションを募集中。その他の企業でも、デジタルマーケティング担当や営業マネージャー、編集・ライターなどを積極的に募集していた。また、組織強化を進める企業では経理、法務、人事といったバックオフィスのポジションも(2018年6月現在)。「日本の働き方」を少しずつ変えるような仕事ができそうだ。

拡大フェーズにあると言える、クラウドソーシングの領域。新たな組織・事業を作ることに興味がある人にとっても、注目の市場と言えるだろう。

(*1)国内クラウドソーシング市場、2020年度2,950億円に┃矢野経済研究所
http://crowdsourcing.jpn.com/2016/11/11a001-3/

(*2)クラウドソーシングサービス大手ランサーズの「フリーランス実態調査2018」
https://www.lancers.co.jp/news/pr/14679/

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
20代ハイクラスのための転職サイト