REPORT
空調で売上高世界1位、「ダイキン」に学ぶ

事業創出に向けた構想。協業、提携、M&A…「ダイキン」に注目

掲載日:2019/10/20更新日:2021/02/19

世界150カ国で事業を展開、空調事業で世界売上高1位を誇るダイキン(*1)。現在、「新規事業」ポジションで募集を行なっている。求人概要とともに、事業創出に向けた動向について見ていこう。

(*1)ダイキンHP(2015年実績)
https://www.daikin.co.jp/air/no1/

新規事業創出へ、パナソニック、東京海上などと実証実験スタート

2018年度、6期連続で売上高・営業利益が過去最高を更新したダイキン(*2)。さらなる成長を見据え、新たなビジネスモデル創出に向けた動きを活発化させる。

たとえば、2019年7月にはパナソニック、東京海上、ライオンなどと共同で「未来のオフィス空間づくり」を目的に実証実験をスタートさせた。具体的な取り組みとしては、呼吸や顔・体の動き、心拍数のデータなどを分析。まぶたの動きから眠気を察知して冷風で脳を刺激するなど、空調機をハブとした新たな価値創出に取り組んでいる。

さらに2018年11月に、ヨーロッパの大手冷蔵機器メーカー「AHTクーリングシステムズ」の買収を発表。「冷蔵機」を空調で培った冷媒などの技術を活かせる成長市場と定め、市場拡大を進める方針を示す。

提携・M&Aなどを組み合わせ、新たなビジネスモデル創出を

こうした中、募集が行なわれていたのが「新規事業」ポジション。

そのミッションとして記載されていたのが「ビジネスモデルを構築していく上でキーとなるポイントを特定し、関連部署を巻き込んだビジネス開発」。提携・M&Aなどあらゆる選択肢を組み合わせ、新たなビジネスモデルを模索するなか、重要な役割を担っていくと言えそうだ。

自身のスキルがフィットするかどうか、まずは「興味あり」を押すことで合格可能性が届く。興味を持った方は「興味あり」を押し、ぜひ合格可能性を受け取ってみてほしい。

(*2)決算説明資料ーダイキンHP
https://www.daikin.co.jp/investor/data/zaimu/h31/hosoku190510.pdf

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト