SELECTION
「成長力のある」ベンチャーで働く選択肢

日経発表「ベンチャー成長力」ランキング。上位企業の採用強化ポジションは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年12月19日、日経新聞社が「伸びる会社 MIDDLE200」を更新。これは新興市場(*1)に上場する新興中堅企業の”成長力”ランキングだ。今回は上位10社の中で、とくに採用を強化する企業に絞って求人を見ていく。

(*1)JASDAQ、マザーズ、地方新興市場

「伸びる会社 MIDDLE200」とは?

ベンチャー・スタートアップなどへの転職を考える方にとって、企業がどれだけ「成長する力」を備えているかは気になるポイントだ。特にこうした企業における“成長力”を測る指標の一つとして注目されるのが、日経新聞社による「伸びる会社MIDDLE200」。「当面の業績」「資産の効率運用・付加価値」「投資家の期待度」の観点から”成長力”を算出し、ランク付けしている(*2)。

対象となるのは、以下に属する企業だ(*3)。

・1999年12月以降に創業
・新興市場(JASDAQ、マザーズ、地方新興市場)に上場
・売上高1000億円以下

今回は、特に上位10社の中でも、採用を強化している5社をピックアップ。企業概要とともに求人を見ていこう。

※2019年12月30日現在の求人となります。

(*2)日経NEEDに収録されるデータから過去四半期分について、各社の以下6指標から偏差値化。「増収率(4期分の加重平均)」「売上高営業利益率(4期分の加重平均)」「総資産営業利益率(合計)」「総資産回転率(合計)」「時価総額(株価は前日終値)」「PBR(株価は前日終値)」。

(*3)上記6指標がすべてそろう181社が対象

UUUM

「HIKAKIN」「はじめしゃちょー」など、人気YouTuberのマネジメント、インフルエンサーマーケティングなどを手掛ける。2018年度の売上高は、前年比65%増を記録(*4)。同ランキングでは1位に選出された。

さらに2019年7月には、コンテンツ配信サービス「note」を運営するピースオブケイクと資本業務提携を実施。「note」のクリエイターとともにビジネスを立ち上げるなど、新たな展開も注目される。

同社では、「経営企画」「事業企画」「セールス」「イベント制作ディレクター」などのポジションで募集が行なわれていた。

(*4)2019年5月期 通期決算説明資料 - UUUM株式会社
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71102/37c11db7/8cfb/4657/bcae/052be385fbb4/140120190711470825.pdf

ラクス

交通費・経費精算システム『楽楽精算』をはじめ、複数のクラウドサービスを展開。経理・人事・総務など、バックオフィス業務の効率化を手掛けている。2018年度の売上高は前年比36.4%増を記録した(*5)。

2019年9月には、RPAホールディングスグループと業務提携を発表。さらなる企業の生産性向上に向け、サービス強化を行なっている。

こうした同社では、「セールス」「SE」「マーケティング」「事業企画」などで募集が見受けられた。

(*5)2019年3月期 通期決算説明資料 - 株式会社ラクス
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3923/tdnet/1706240/00.pdf

弁護士ドットコム

日本最大級の弁護士検索・法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」を運営。さらに2015年にWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」をリリースするなど、“法律×テクノロジー”サービスを展開している。

2018年度の売上高は前年比35.1%増を記録(*6)。上場以来、5期連続の増収増益を達成した。

同社の求人を見てみると、「事業開発」「マーケティング」「セールス」「SE」など複数ポジションで募集が行なわれていた。

(*6)2019年3月期 通期決算説明資料 - 弁護士ドットコム株式会社
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80401/62f8bc76/5245/4e3b/b343/2c1bed4befae/140120190512422493.pdf

アドベンチャー

航空券等販売サイト「skyticket」を運営。同サイトでは32言語に対応し、500社以上の航空会社における海外航空券を取り扱っている。

2018年度の収益は前年比69%増を記録(*7)。今後、「外貨両替サービス」「海外レストラン予約」など、新たなサービス展開も予定されているようだ。

求人としても、新規事業における「アライアンス営業」「プロジェクトマネージャー」などのポジションで募集が見受けられた。

(*7)2019年6月期 通期決算説明資料 - 株式会社アドベンチャー
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80678/be9ed27c/2978/4649/a348/6efb5af09972/140120190813487935.pdf

マーケットエンタープライズ

家電、楽器、カメラなど、ニッチな商材を中心に「ネット型リユース事業」を展開。買取依頼数は、月間4万件にものぼるという。さらにユーザーと製品・サービスのマッチング支援を目的に、リユース、通信などの分野でメディア運営事業も行なっている。

2018年度の売上高は、前年比33.8%増を記録。営業利益は370%増となった(*8)。

同社では「Webメディアにおける責任者候補」「エンジニア組織のマネジメント責任者」などの募集が行なわれていた。

(*8)2019年6月期 通期決算説明資料 - 株式会社マーケットエンタープライズ
https://www.marketenterprise.co.jp/ir/upload_file/m003-m003_01/briefing_2019_4q3.pdf

参考
新興の中堅200社 成長力ランキング
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/middle200-2017/

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト