SELECTION
freee、Sansan、ランサーズ…

2019年 スタートアップのIPOラッシュ。各社動向から読み解く「いま求められる人材」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の新規上場件数は86件となる見通しだ(*1)。12月に入りfreee、ランサーズ、メドレーなども次々と上場へ。2019年に上場した各社では今どういった募集が行われているのか。求人とともに、動向を見ていこう。

freee、Sansanも。SaaS企業に集まる注目

スタートアップの「IPOラッシュ」と呼ばれた2019年。特に、SaaS企業の成長が目覚ましかったと言えるだろう。

たとえば12月にはfreee、また6月にはSansanの大型上場が話題に。

「先行投資をかけ、中長期的に利益を生み出し投資を回収していく」という性質を持つSaaS。その成長性も期待されていると言えそうだ。

また、「第4次ベンチャーブーム」が訪れているという見方も。スタートアップへの投資が白熱し、2018年にはスタートアップの資金調達額が過去最高(3800億円)を記録へ(*2)。こういった流れはしばらく続くと見られている。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり

2019年上場、注目スタートアップの求人は?

2019年に上場したスタートアップに注目。どういった募集が行われているのか。その背景を見ていこう。(2019年12月20月現在の求人です)

freee│広報、マーケティングを採用強化へ

12月17日、大型上場を果たしたfreee。時価総額は当初の予想を大きく上回り、1200億円超となった。

日本企業の99.7%と言われる中小企業や、個人事業主など"スモールビジネス"を支援する同社。「クラウド会計ソフトfreee」「人事労務freee」などを展開してきた。

さらに新たな展開も進めている。2018年には約65億円の資金調達を行い、「LINE」「三菱UFJ銀行」との業務提携へ。新サービスへの投資を進めていく方針を発表した。加えて同年10 月には「フリーファイナンスラボ株式会社」を設立。翌年6月には「資金繰り改善ナビ」をリリースした(*3)。

より多くの中小企業と接点を持ち、スモールビジネス向けの「ビジネスのプラットフォーム」を目指す中、募集されていたのが「広報」「マーケティング」といったポジションだ。企業の価値や意義を広く届けていく人材が求められていると言えそうだ。

特に広報では長期的なPR戦略・ブランド戦略の立案から、施策の企画・実行までを担うという。また、マーケティング職においては展示会・イベント等オフラインマーケティングを重点的に担うという。

Sansan│ブランド価値向上に向け採用

日本を代表するSaaS企業の一つ、Sansan。「ユニコーン企業」として注目を集め、2019年6月に上場を果たした。

10月に発表したIR資料では、「売上高:前年同期比35.8%増、営業利益:252.8%増」と高成長が継続していることを伝えていた。

また同資料内では今後、「広告宣伝活動を積極的に実施予定」という情報も(*4)。そういった中募集が行われていたのが、「ブランドクリエイター」のポジションだ。

実際の求人には「企業ブランドのステージを一段上げる」「クリエイティブの力で課題を解決し、Sansan株式会社のブランド価値を向上させていく」といった記述も。

また、同時にマーケティング担当、人事労務といった求人も見受けられた。次の成長へ踏み出そうとするタイミング、いずれも重要なミッションを担うと言えるだろう。

メドレー│事業拡大に投資。ソフト開発や広告・販促を強化へ

ヘルスケアテック領域で、事業を展開してきたメドレー。

・ジョブメドレー(日本最大級の医療介護求人サイト)
・CLINICS(クラウド診療支援システム/オンライン診療アプリ)

をはじめとしたサービスを提供しており、12月に東証マザーズ市場へ上場した。

今後はIPOにより調達した約32億円の大半を投資し、事業拡大を進めていく計画があるという。たとえばソフトウェア開発費や広告・販促費。また、人材コーディネーターの人件費が使途と言われてるようだ(*5)。

そういった中、「エンジニア」や「コーポブランディング」「デジタルマーケター」の募集が行われていた。事業のスケールに関わったことがある方にとって、その経験を存分に活かせる環境だと言えるかもしれない。

その他、2019年に上場したスタートアップでいうと「BASE」「ランサーズ」「カオナビ」「Chatwork」などの求人も。急成長を続けるスタートアップでのキャリアに興味がある方は、ぜひ実際の求人を確認してみてほしい。

(*1)「赤字上場」急増 成長期待で投資家も許容 令和元年の「IPO」86件│産経ニュース
https://www.sankei.com/economy/news/191217/ecn1912170018-n1.html
(*2)【速報】2018年の国内スタートアップの資金総調達額は昨年を上回り、3,800億円を突破│UZABASE
https://www.uzabase.com/company/news/japan-startup-finance-2018/
(*3)東京証券取引所マザーズへの上場に伴う当社決算情報等のお知らせ│フリー株式会社
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08692/67d33c9a/38c0/4ef1/812b/69ce1571dae9/140120191216437769.pdf
(*4)2020年5月期第1四半期 決算説明資料(2019年10月15日)│Sansan株式会社
https://file.swcms.net/file/ir-corp-sansan/dam/jcr:bce75a16-e5de-4d2e-b19d-3c88c1520bc6/140120191015408086.pdf
(*5)「メドレー」新規上場(IPO)初値・株価見通しは?ビジネスモデル解説ほか│ZUU online
https://zuuonline.com/archives/206975

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト