REPORT
ますます「教育業界」がおもしろい!

「教育」に起こるイノベーション。新サービスと「求人募集」のトレンドに注目!

掲載日:2017/11/16更新日:2018/06/26

いま、教育業界がおもしろい。とくにさまざまなオンライン学習サービスが登場し、教育のあり方を変化させている。新サービスの動向と共に、各社の求人募集を見ていこう。

>>>「教育に携わる」求人一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

新たに生まれる教育サービス。学校教育での活用も。

パソコンやタブレット、スマホなどが普及し、学習のカタチが大きく変わり始めている。

特に注目されているのが「オンライン学習サービス」だ。Skypeなどを介した英会話レッスン、プログラミング学習、デザイン講座、ビジネス講座など、オンライン動画で学習できるサービスが次々に登場。企業研修などで活用されるケースも一般的になってきた。

オフラインの講座・授業と異なり、比較的安価で受講ができるのもオンライン動画学習の特徴だ。どこでも手軽に受講できる利便性も相まって、利用者数は急速に増加している。

大手学習塾やその他、教育事業を展開する企業でも、独自に受験対策アプリを開発するなど新サービス提供の動きは活発だ。

さらに、学校教育における現場でもテクノロジーの活用が進む。政府は「2020年までに生徒1人に1台タブレットを配布する」と発表。教材の作成・配布・回収・採点・成績管理といった授業内で生じる業務の効率化はより進んでいきそうだ。

たとえば、生徒のテスト結果・学習データを管理・分析。生徒たちの学習スピードにあわせたカリキュラムを組み立てるなども可能に。システム開発やサービス提供者など、新規参入を計画する企業もあるはずだ。

SEC

いま、「教育業界」で求められる人材とは?

各社、新たな教育サービスを提供していくなか、さまざまな求人募集も行なっている。

たとえば、オンライン英会話サービス事業を行なう上場企業では、CMO募集を見受けることができた。コンシューマー、学校、キッズ、法人研修、リアル教室型…などなどの多様な市場におけるマーケティングを担う。オンライン広告、SEO対策、オフラインイベントなど、あらゆるプロモーション活動を指揮するポジションだ。

また、幼児向け「知育サービス」を企画・開発する企業で募集していたのはエンジニア。アプリ・ゲームエンジンの開発、技術的な研究や検証を担っていくと記されていた。

(※いずれも2017年11月現在)

テクノロジーの進化と共に多様化している「教育サービス」。社会的にも大きなインパクトを与えていく。そんな事業に携わるやりがいが感じられるはず。ぜひ求人募集をチェックしてみてほしい。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト