REPORT
事業企画、セールス、プロジェクトマネージャー…

飲料メーカーで働こう|定番ビール、人気クラフトコーラ、果実・野菜ドリンク…最新求人特集

掲載日:2024/01/26更新日:2024/02/26
求人掲載中

飲料市場が活況だ。2年連続で国内市場は拡大。健康維持・免疫力向上や生活習慣病予防を謳う新商品も次々と誕生している。その動向とともに、飲料メーカー各社の求人を見ていこう。

拡大する飲料市場。「健康維持」「免疫力向上」など新たなニーズも

2年連続で拡大となった国内の飲料市場。実際に2022年度の市場規模は、前年度比102.6%の4兆9,400億円となった。さらに2023年度は、早かった梅雨明けや猛暑なども手伝い飲料の消費が増える見立ても。市場規模は5兆円の大台を回復する予測も立つ(*)。

直近では、健康維持・免疫力向上や生活習慣病予防、ストレス緩和、睡眠の質の向上などを謳うヒット商品も誕生。コロナ禍を経て「免疫」「睡眠」といったニーズが顕在化したことも要因になっていそうだ。商品開発・マーケティング施策など、飲料メーカー各社の今後の動きに注目だ。

サントリーホールディングス

連結売上収益(酒税控除後)2兆6,588億円、4万人超の従業員を擁し国内外にグループ会社を270社展開するサントリーホールディングス(2022年12月31日現在)。「BOSS」「伊右衛門」「プレミアムモルツ」をはじめとした酒類・飲料事業に続き、第三の基幹事業としてウエルネス領域を展開。現在同領域における事業企画、経営企画、エンジニアなどの募集を行なっていた。

アサヒグループジャパン

「アサヒスーパードライ」「アサヒ 贅沢搾り」をはじめとする酒類や、飲料、食品事業を展開。「高付加価値ブランドを核として成長する“グローカルな価値創造企業”を目指す」をグループのビジョンとして掲げる。中長期戦略の推進をする中、アサヒグループのプロジェクトマネージャーを募集している。

GRAND GIFT(伊良コーラ)

東京・下落合に工房を構えるクラフトコーラ専門メーカー。10種類以上のスパイスやコーラの実を調合した「伊良コーラ」を製造。2023年にはナチュラルローソン、ローソンを通じて缶の発売・全国展開を開始した。2024年には大手飲料メーカーとの業務提携を進め、さらに2028年にはグローバルで130億円の売上を目指す。現在同社では法人営業、管理部門責任者など複数ポジションを募集中。

ゴールドパック(信州・安曇野りんごジュースなど)

1959年創立の飲料メーカー。「信州・安曇野りんごジュース」「食べるベジタブルジュース」をはじめ、果実・野菜飲料、コーヒー、紅茶など各種飲料の製造販売を手がける。野菜ジュース、にんじん系ジュースのパイオニアとしての実績と企業姿勢が認められ、1988年には食品産業優良企業農林水産大臣賞を受賞。現在、法人営業職と経理の募集を行なっている。

友桝飲料(こどもびいる、地サイダーなど)

「こどもびいる」「スワンサイダー」や、日本全国の地サイダーを手がける飲料メーカー。創業は明治35年(1902年)で120年超の歴史を持つ。小ロットによる生産体制を通じて個性豊かな商品を生み出してきた。現在人事部門責任者の採用を行なっている。

ライフドリンクカンパニー(ZAO SODA、自然の恵み天然水など)

ミネラルウォーター、茶系飲料(緑茶、麦茶、烏龍茶等)、炭酸飲料などの製造・販売を行なう。「おいしさの中心、安心の先頭へ。」を企業理念に掲げ、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人にとって安心して飲める飲料を提供する。部長候補、EC担当などの募集を行なっていた。

(*)飲料市場に関する調査を実施(2023年) |矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/3306

この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
若手ハイキャリアのスカウト転職