REPORT
市場規模は約1兆5000億円

ペットビジネス最前線。じつは求人募集も活性化?

掲載日:2018/02/19更新日:2018/07/11

ペット業界の市場は約1兆5000億円(*)。ここ5年ほどは毎年1%~2%の成長を見せており、市場は拡大傾向を維持している。こういったなか新しいサービスも登場。ペット保険、ペット特化型のメディア、ペット事業者向け人材紹介など。ペットビジネスの最前線に迫ってみよう。

(*)ペット産業の動向~市場規模、競争環境、主要プレイヤー http://pedge.jp/reports/outline/

>>>「ペット業界」の求人募集一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

ペットビジネス最前線。新たなサービスも。

今、ペットビジネスでもITなどのテクノロジーを駆使した新商品・サービスが登場している。たとえば、ペット版 “民泊”ともいえる、飼い主と預かり手のマッチングサービスもそのひとつ。2015年にサービスを開始したのが、ペットビジネスを手がけるスタートアップ「DogHuggy(ドッグバギー)」。利用者がWeb上で日時や場所、愛犬に関する情報を入力すれば、預かり手を見つけられる。

また、近年注目を集めているのがペット保険。市場は毎年20%の成長を続ける。現在の国内におけるペット保険加入率は5%程度。スウェーデンが80%、イギリスが20%ほどといわれ、国内市場拡大のポテンシャルに期待が寄せられる。

その他にも、2016年にヘルスケアの大手企業であるタニタがペットベンチャーを設立。健康をテーマに、ペットフードや健康管理アプリを手がけるなど、異業種からの参入も続く。今後、どのような広がりを見せていくのか注目だ。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

ペット業界で働く選択肢。営業/新規事業/マーケターなど求人募集あり。

ペットビジネスが広がりを見せる中、求人募集も多く見受けることができる。営業、新規事業担当者、プロダクトマネージャー、マーケターなど職種も多岐にわたる。今、どのような募集が行なわれているのか、一例として見ていこう。

(2018年2月現在の求人となります)

▼2017年創業。ペットビジネスを手がけるスタートアップ
ペット関連事業を複数立ち上げる同社において、新規事業責任者の募集が見受けられた。ペット領域で、事業戦略・事業モデルを作成。さらに事業・組織の立ち上げ、商材・サービスの確定、顧客の獲得など、事業立ち上げから成長まで一気通貫で担っていくという。

▼国内最大級のペットメディア運営企業
約500万人のアクティブユーザーを誇るペットメディアを運営。そのほか、ペットビジネスにおいて複数の事業を展開している。今回募集が行なわれていたのは、広告チーフ・ディレクター。社内外のディレクターに対し、広告の企画立案サポートや、クリエイティブ管理を担っていくようだ。

多くの求人が「業界での経験は問わない」といったもの。たとえば、職種経験を活かしつつ、ペット業界に飛び込んでいく。選択肢のひとつとして考えてみてもいいだろう。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト