SELECTION
営業・企画・マーケ経験者、必見

「テック × おもちゃ」に注目、IoTやAR・VRの活用も

テクノロジーを活用した事業・ビジネスに携わっていく―その時に「おもちゃ業界」もユニークな選択の一つと言えるだろう。たとえば、海外では「遊びながらテクノロジーを学べる玩具」が次々と誕生。ARやVR、IoT、ドローン、ロボティクスなど最新技術を活用したものも少なくない。転職先としての“おもちゃ業界”、その可能性に迫っていこう。

国内外で進む、テック×知育

おもちゃ業界は、テクノロジーの進化、活用に対し、かなり積極的といっていいだろう。たとえば、「STREAM教育(※1)」は、GoogleやAppleが生まれたアメリカでトレンドになりつつある教育方針。幼い頃からロボティクスやエンジニアリングに触れる機会を作り、未来のハイテク人材を育成することが狙い。この流れは日本でも注目をされている。

日本に目を向けてみても、知育玩具市場は約1700億円規模(2016年度)と、4年連続で拡大(※2)たとえば、少子化の流れを受け、一人の子どもにかける教育費用も年々増加しているというデータも(※3)。より良い教育のための道具・おもちゃの進化も後押ししている形だ。

ちなみに人気の集まるおもちゃを見ていくと、そのトレンドは「ハイテクおもちゃ」にあるともいえる。たとえば、レゴが2017年に発売した「LEGO BOOST」は、プログラミングで動くロボットを自作でき、たちまち世界でヒット商品となった。

さらにゲーム業界をこえて大きな話題となったのが2018年4月に発売された「ニンテンドーラボ」。組み立て型のダンボールと「ニンテンドースイッチ」を組み合わせ、おもちゃをつくる。手を動かして自作する/アナログとテックを組み合わせる、ここがキーワードになりそうだ。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。 職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

おもちゃ業界が求める「企画」のチカラ

求人動向を見ていくと、2018年5月現在、世界規模の玩具メーカーにおける「ブランド・プロダクトマネージャー」といったポジションの募集も見られた。

その他にも、プロモーションや企画関連職などの募集も多い。いずれの募集要項にも企画やマーケティングの知見が期待されていることがわかる。たとえば、業界経験がなかったとしても、いかに経験・スキルが横展開できるか。アピールのポイントになるといえるだろう。

(※1)STREAM 教育(Science, Technology, Robotics, Engineering, Arts and Math の頭文字)

(※2)【日本玩具協会調査】2015年度の玩具市場は1%減の8003億円に…TCGの人気復活、トミカ、リカちゃん、シルバニアファミリー、アンパンマンなど定番商品も人気に
http://gamebiz.jp/?p=163349

(※2)2016年度国内玩具市場規模│日本玩具協会
http://www.toys.or.jp/pdf/2017/2016_sijyoukibo_zenpan.pdf

(※3)子どもの教育資金に関する調査2018│ソニー生命保険株式会社
http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/nr_180125.html

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
20代ハイクラスのための転職サイト