SELECTION
マーケター、必見!

飲料メーカーが力を入れるデジタルマーケティング、各社の取り組みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年、インターネットの広告費が1兆5000億円台に突入。テレビ広告費に次ぐ規模となった。特に一般生活者向け、いわゆる「toC商品」の企画・販売を行なう企業がデジタルマーケティングの領域を強化している。その中でも今回は飲料業界・飲料メーカーに注目したい。

>>>「食品・飲料メーカー×マーケティング」の求人はこちらから

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

増える、清涼飲料水商品の生産量

2015年に「2047万キロリットル」だった清涼飲料水商品の国内生産量は、2016年には2125万キロリットル、過去最高を更新している(※1)。

競争が激化するなか、各メーカーが特に注力しているといえるのが、デジタルマーケティングの領域だ。

たとえば、商品ごとのキャンペーンサイトやブランドサイトを構築、SNSなどキャンペーンと組み合わせたプロモーションを展開。その他、オリジナルスマホアプリの開発、店舗のポイントやクーポンと組み合わせたプロモーションなどもあげられる。

ユニークなのは、各飲料系メーカーの体制。より詳しく見ていこう。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

各社で進む、マーケティング部門の強化

たとえば、2014年にキリンはデジタルマーケティング部を発足。代表的な商品である『氷結』『一番搾り』など商品ブランドごとにマーケティング担当を配置している。またサントリーも「デジタルマーケティング本部」を新設。研修制度を整え、「SNS運用」「ブランドのプロモーション」など業務ごとに専門スキルを学べるという。

また具体的な求人を見ていくと、2018年7月現在、キリンビールにてマーケティング関連職を募集していた。仕事内容としては、ビールや発泡酒といったブランドの戦略を担うリサーチ・分析。特にマーケティングやデジタル領域での広告・プロモーションを担っていた方は親和性の高い職種となるはずだ。

(*1)清涼飲料水の生産量推移(1997年~2016年)│全国清涼飲料連合会
http://www.j-sda.or.jp/statistically-information/stati02.php

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
20代ハイクラスのための転職サイト