REPORT
スポーツビジネス特集

バスケ、野球、サッカー…日本のスポーツにイノベーションを(マーケティング・企画関連職)

掲載日:2021/09/07更新日:2021/09/15
求人掲載中

今回取り上げるのが、スポーツ領域におけるマーケティング・企画職の募集。特にプロスポーツ運営企業での採用が多く見受けられる。実際の求人とともに、動向を見ていこう。

スポーツビジネスで進む、デジタル活用

2025年、スポーツ産業の市場規模を15兆円に拡大するーーこれは2016年の「日本再興戦略」で政府が掲げた成長目標だ。2012年から3倍近くの規模となり、スポーツを成長産業へ転換させるための支援に本格的に乗り出した(*1)。

こうしたなか、新たなプロリーグが立ち上がるなど新たな動きが見られる。たとえば、2016年9月には、バスケットボールのプロリーグ「Bリーグ」が開幕。ナショナルリーグ(NFL)、bjリーグという国内2つのトップリーグが統合された。

入場者数や事業規模は右肩上がりの成長を遂げ、2018ー2019シーズンは259万人の来場者数を記録。事業収益は300億円を突破した(前年比118% *2)。

同リーグの成長の背景にあるのが、デジタルを駆使した新たなビジネスモデルでの展開だ。

たとえば、「チケット販売」「中継放送」「スポンサー」「グッズ販売」の収入源の柱を、スマホ1台で完結できる仕組みを構築。さらにCRM(顧客管理システム)の活用で、チケットを入手しやすくしたり、新規ビジネス創出につなげたりといった取り組みが行なわれている。

その他、NPBやJリーグ、さらに2018年に立ち上がった卓球のプロリーグ「Tリーグ」でも、新たなビジネスモデルの創造、展開が進む。同時に既存のビジネスにとらわれない新しい発想を持った人材も求められているといえるだろう。

スポーツ領域で求められる、マーケティング・企画職

それでは今、どういった企業でマーケティング・企画職の募集が行なわれているのか。簡単に紹介していこう。

■B.LEAGUE
国内男子バスケットボールのトップリーグ運営を担うB.LEAGUE。各クラブチームへ提供するチケット販売システムの改修や問い合わせ対応、顧客データベースを活用した販促支援・仕組み作りを担当する「マーケティング担当」の募集が行われていた。

■楽天
東北楽天ゴールデンイーグルス、ヴィッセル神戸における、「スタジアムプロデューサー」のポジションで募集が行なわれていた。

すでに日本初となる「完全キャッシュレススタジアム」や「全エントランスでのQRチケット入場」による、新たな野球観戦体験の提供などを推進。新たなエンターテイメント空間の演出をミッションとする。

■横浜DeNAベイスターズ
運営開始前の2011年と比較して観客動員数は1.8倍、ファンクラブ会員数は、実に14倍以上へと拡大させた、横浜DeNAベイスターズ。

「新規事業開発担当」のポジションで募集が行なわれていた。

異業界で経験を積んできた人材を求める求人も少なくない。ぜひ、実際の求人をチェックしてみてほしい。

(*1)文部科学省発表資料
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/018_index/shiryo/attach/__icsFiles/afieldfile/2017/10/30/1397212_001.pdf
(*2)Bリーグ発表資料
https://www.bleague.jp/files/user/news/pdf/20200212_Monthly%20Marketing%20Report_Feb.pdf

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト