REPORT
事業会社で求められるポストコンサル

コンサル出身者たちの行方。経営企画・事業戦略・新規事業に携わる道も?

掲載日:2020/12/25更新日:2021/02/22
求人掲載中

経営、戦略、IT…コンサルタントとしてのキャリアを歩むなかで、次なる舞台として事業会社を選択するケースもある。そのなかでも今回は事業会社でのキャリアについて見ていきたい。コンサル出身者たちに期待される活躍とは?

コンサルタント出身者、次なるキャリアの選択肢とは?

コンサルタントとしてのキャリアを歩むなかで、専門性を高め、独立をしたり、コンサル業界でキャリアアップ・上位役職を目指していく道は当然ある。同時に、さまざまな企業における成長戦略の立案、推進といった経験を活かし、事業会社へとその活躍のフィールドを移していくといったキャリアも。

特に、自身が見込んだ事業や製品・サービス、なによりも「人」という部分にコミットし、事業会社で要職を担っていくケースもある。

たとえば、営業企画、経営企画、新規事業、さらには役員であったり、もっといえば子会社社長であったり、事業会社で活躍できるポジションはさまざま。実際にどのような求人があるのか、見ていこう。

経営企画や事業企画、新規事業など、「事業サイド」を担っていく求人とは?

実際、事業サイドでの募集にはどのようなものがあるのか。特にコンサル出身者の活躍可能性が高い、活躍が期待できそうな求人募集を集めてみた(2020年12月現在)。ぜひ参考にしてみてほしい。

たとえば、経営企画を募集していたのが、サイバーエージェント、エムスリー、メドレーなど。

また、事業企画の募集では、楽天、メドピアをはじめ、2020年に時価総額が3000億円に迫って話題となったBASEも名を連ねていた。

さらに、新規事業において募集していた企業としては、家族型ロボット『LOVOT』で知られるGROOVEX社、アタラシイものや体験の応援購入サービスを提供するマクアケ社などがあった。

気になる求人に「興味あり」を押せば、事前に自身の合格可能性を受け取ることができる。ぜひ利用してみてほしい。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト