REPORT
大手航空会社の求人も

AI、VR、ビッグデータ…航空会社が仕掛ける次なるビジネス

掲載日:2019/06/06更新日:2021/02/18
求人掲載中

AI、VR/AR、ビッグデータ…航空会社が先端技術による事業・サービス開発に積極的だ。たとえば,JALが野村総研と新サービス開発を目的とした新会社を設立、ANAは”アバター技術”による事業創出を目指す。同業界の求人とともに、その動向を見ていこう。

先端技術で仕掛ける、JAL・ANAの新規ビジネス

LCCの台頭で航空会社の競争が激化している。他社との差別化のため、各社が取り組むのが独自のサービス開発。さらに、新たな収益源獲得のため、新規事業創出にも積極的だ。

特に、JAL、ANAは先端技術への取り組みを活発化させている。

JALは、2019年2月に野村総研と共同で新会社「JALデジタルエクスペリエンス」を設立。JALの顧客・サービス基盤と野村総研のデータ分析・AI技術をかけ合わせ、新たなサービス開発に取り組んでいる。

ANAで言えば、新規領域での事業創出に積極的だ。

たとえば、2018年3月に発表したのが事業構想「ANA AVATAR VISION」。ロボットを遠隔操作し、「見て」「聞いて」「触る」などの体験ができる「アバター技術」を開発。旅行にとどまらず、災害救助、医療、教育などの領域でサービスを展開していく方針だ。

求人としても、大手航空会社による「アジア地域の新規事業に携わる営業職」募集などが見受けられた。ぜひ、チェックしてみてほしい。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト