SELECTION
フィットネス × テクノロジー

フィットネスをアップデートせよ。AI、IoT、VR/AR…新時代のサービス最前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AI、IoT、VR/AR…テクノロジーにより、いまフィットネス業界は大きな変化を遂げている。KDDI、ミクシィ、ファミリーマートなど異業界の企業が相次いで参入。新時代のフィットネスサービスが誕生しているーー。

AI、IoT、VR/AR…テクノロジーで変わるフィットネスクラブ

フィットネスクラブの市場は右肩上がりに伸長。2017年には4年連続で過去最高を更新し、4610億円規模にまで拡大した(*)。健康志向や予防医療への意識が高まるとともに、フィットネスへのニーズも高まり続けていると言えそうだ。

そして今、この成長市場には異業界からの参入が相次ぐ。その中でとくに注目したい動きが、テクノロジーを活用した新たなフィットネスクラブの登場だ。

たとえば、2018年8月にMTGがオープンした「SIXPAD STATION」。自社のエクササイズ機器「SIXPAD」を活用し、電気負荷による独自のトレーニングシステムを導入する。IoT、ARなどの先端テクノロジーによる近未来型のトレーニング施設も話題だ。

さらに、ミクシィはAIを活用した女性専用トレーニングジム「ココサイズ」をオープン。AIで体の異常を手軽に検知し、パーソナライズされたトレーニングメニューを提供する。

パーソナルフィットネスの新たなカタチ

もう一つ注目したいのが、フィットネスサービスのオンライン化の流れだ。場所にとらわれず、自宅などでトレーニングをサポートするサービスがぞくぞくと登場している。

たとえば、Skypeなどを使ってプロトレーナーとマンツーマンレッスンができたり、音声や動画を見ながらトレーニングを実行できたり。さらにAIやウェアラブルデバイスの活用も進む。

2018年10月、KDDIが発表したのが「宅内行動認識AI」だ。これはスマホなどのカメラでスクワットなどの動作や姿勢、回数などを認識できるというもの。さらに2019年度内には、映像をもとにAIがトレーニングのアドバイスするサービス実用化を目指す。

今後、フィットネスがどういった進化を遂げていくのか注目だ。

(*)<レジャー白書2018>「フィットネス」、4,600億円市場(前年比3%増)に -4年連続で過去最高-
https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/10530

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト