REPORT
世界ゲーム市場は13兆円超へ

Google、Appleがクラウドゲーム市場へ。変わるゲーム業界

掲載日:2020/03/01更新日:2021/02/18

2018年、世界のゲーム市場は13兆1774億円へ。前年比120.9%と、大幅な成長を遂げる(*1)。今、世界のゲーム業界に何が起こっているのか。具体的な求人とともに、トレンドを紹介していこう。

モバイルゲームの市場規模は7兆円超へ

世界でゲーム市場規模が拡大する中、とくに好調な成長を続けているのがモバイルゲームだ。

その市場は、2019年で7兆1840億円と推計(*2)。2007年のiPhone発売から10年以上、2桁成長を記録し、ゲーム市場の半数以上を占める。

とくに国内の動向を見てみると、人気ゲーム・キャラクターを活用したコンテンツが数多く見られる。

たとえば2019年で見ても、『ドラゴンクエストウォーク』や『マリオカート ツアー』などの新作がヒットを記録。さらに2016年のリリースと同時に爆発的な人気を博した『ポケモンGO』をはじめ、ロングヒットとなるタイトルも数多く生まれている。

100億円超の世界大会も、バトロワゲームが人気に。

続いて、ゲームジャンルにおけるトレンドに目を向けてみよう。とくに近年、人気を獲得しているのが「バトロワゲーム」だ。

バトロワゲームとは、「多人数で戦い、最後まで生き残ることを目指すゲーム」のこと。醍醐味が、ゲーム内で生き残るために策略を練り、道具や装備を駆使して行動するというスリル満点な臨場感。毎回展開が変わる運の要素や、味方との連携など、単なるコマンド入力によるプレイスキルだけでは終わらない奥深さも魅力と言える。

ここで世界的なヒットタイトルをいくつか見ていきたい。

現在のバトロワゲームの基本形となった作品と言えるのが、『PLAYERUKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』だ。1つのマップに100人が同時に落ち立ち、最後の1人もしくは最後の1チームになったら勝利というシンプルなルールで人気に。ユーザー人口は世界で4億人超(*3)を誇る。

また、バトロワゲームはeスポーツのコンテンツとしても導入が進む。たとえば、『フォートナイト』は、2019年に賞金総額1億ドル(約104億円)の世界大会を開催して話題に(*4)。ユーザー数は世界で2億5000万人を誇ると言われている(*5)。

その他、『Call of Duty』、『Battlefield』といった人気タイトルにも、バトルロイヤルモードの実装がされるなど、しばらくバトロワブームは続いていきそうだ。

Google、Appleがクラウドゲームに参入。これからのゲームはどうなる?

さらに、ゲーム業界ではテクノロジーを活用した新たな領域も誕生している。その一つが、「クラウドゲーム」だ。

クラウドゲームは、クラウドを介してゲームをプレイできるサービス。デバイスを選ぶことなく、高度なゲームをスマートフォンや通常のノートPCでも楽しめるのが特徴だ。ハイスペックなゲーミングPCや家庭用ゲーム機を必要とせず、ゲームの新たな潮流をつくっていく存在として期待される。

2019年には、Google、Appleが相次いで参入して話題に。さらにAmazonも2020年の参入が噂されている。

もう一つ、新しいゲームの形として「ブロックチェーンゲーム」にも注目したい。通常のゲームとの違いは、“遊びながら稼げる”という点。たとえば、データとして取り扱われるアイテムやプレイキャラクターは仮想通貨で売買が可能だ。

今後、5Gの普及、AR/VRの活用などによりゲームシステムの発展も期待される。ビジネスチャンスとしても、さらなる広がりがありそうだ。キャリアの選択肢のひとつとして、ぜひ注目してみてほしい。

(*1) 国内クラウドゲーム市場、4年間で約11倍の成長見込み
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/10/news077.html
(*2)モバイルゲーム市場の最新動向を網羅! “ファミ通モバイルゲーム白書2020”
https://www.famitsu.com/news/202001/29191590.html
(*3)『PUBG』のプレイヤー数が4億人を記録
https://www.famitsu.com/news/201806/20159499.html
(*4)フォートナイトHP
https://www.epicgames.com/fortnite/competitive/ja/news/fortnite-world-cup-details
(*5)フォートナイト世界大会、16歳がソロ部門優勝 賞金3.3億円獲得
https://www.afpbb.com/articles/-/3237349

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト