REPORT
ポストコンサル必見! CEO直下、新規事業…

コンサル出身者が事業会社で活躍できるポジション

今、コンサル出身者に熱い視線が注がれている。事業会社における経営企画・マーケティング・新規事業創出…「ポストコンサル」におけるキャリアの可能性とは?

>>>「経営企画」の求人一覧はこちら
>>>「マーケティング」の求人一覧はこちら
>>>「新規事業」の求人一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

20代~30代前半で活躍できるケースも。

多くの事業会社からハイクラスのポジションで「ポストコンサル」を募集している。企業群としては「外資系企業」「ベンチャー」「従業員数万人以上の大手企業」などさまざまだ。

業界でみていくと多いのはIT業界、人材業界、大手自動車メーカー…そのうちの多くが「経営企画」のポジションだ。ベンチャー~中堅規模の企業では、特にCEOやCFO、COOなどの右腕として登用されるケースが多い。

注目したいのは「20代~30代前半」の活躍も珍しくない点だ。経営戦略の策定、収益構造の改善、M&A、ブランディングなどに中核として携わるポジションが開かれている。

専門分野で期待されるコンサルティングスキル

SEC

続いて注目したのは、特定の領域に特化し、その領域でスキルの発揮が期待される求人だ。たとば、「大手自動車メーカーのマーケティング戦略担当」「グローバル企業での購買戦略担当(幹部候補)」「HRtech、教育、投資などの領域での新規事業責任者」など。

一部でも携わったことのあるポストコンサルは、かなり市場価値が高い。

事業の成否に関わる責任の大きいが故に勝負をしていくやり甲斐のあるポジションが多数。事業の「未来」を担っていく存在としてポストコンサルのニーズはかなり高まっている。

     

ポストコンサル人材に期待されていることとは?

企業は「ポストコンサル人材」のどのような点に魅力を感じるだろう。

それは「経営者視点での問題解決」を任せられること。コンサルタント経験者を歓迎する求人のほぼ全てが、経営戦略の策定や制度設計・改善などに携わる非定型業務に期待を寄せる。

経営上の問題点を見つけた上で、社内または取引先企業なども含めた、関係者を巻き込み、改革を推進する。当然、通常のオペレーション的な業務に携わっているだけでは身につけることが難しい。そういった意味でも、20代・30代といった若い世代で経営上の問題解決を行なってきたポストコンサルは企業としてかなりほしい人材なのだ。

また、複数のケーススタディ、成功・失敗事例を経験していることもアピールポイントに。そういったノウハウを有し、経営戦略における中核、近い未来の幹部候補としての活躍が期待されるというわけだ。      

ポストコンサルが事業会社でのキャリアを選ぶメリット

BOT

では、コンサルファームやシンクタンクではなく、事業会社を選ぶメリットとは何か。企業規模によっては、給与面で少し見劣りするケースもある。しかしそれでも「外部パートナー」ではなく「企業の中核メンバー」として経営に携れるのはメリットだ。

自身の手腕で、その企業を成長させ、業界における存在感を増していく。まして自身が共感した事業や企業であれば、その喜びは報酬に替えられない。

また、コンサルファームではプロジェクトによって戦略策定など上流から携わることが困難なケースがある。どうしても裁量に欠ける、もしくは裁量権を得るまでに時間がかかることもある。

その点、事業会社であれば、早期から重要なポジションでプロジェクトを推進できることは、未来を見据えたキャリアを考える上で、籍を置く大きな理由になるはずだ。志向性によっては、ポストコンサル人材にとっても事業会社はメリットのある選択肢だ。      

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト