SPECIAL

アクセンチュアで働く

これまでAMBIで掲載したアクセンチュアの特集記事を一挙にお届けします。
空港勤務を経て、アクセンチュアのシニア・マネジャーに

空港のグランドスタッフを経て2015年に入社し、現在シニア・マネジャーとして活躍する波夛野美紗さんを取材した。なぜ彼女はコンサルタント未経験から、アクセンチュアでのキャリアを選んだのか。そしてアクセンチュアで働く魅力、得られるキャリアとは。彼女が目指す理想のチーム、そして「仕事観」と共に伺った――。

全国募集|アクセンチュアが「第二新卒」採用を強化へ

現在、強化しているのが「第二新卒」採用だ。なぜ、多くの入社者が業界・職種未経験から採用され、活躍しているのか。そこには業界屈指のトレーニングと整備された体制があった――。

24歳で異業界からアクセンチュアへ。

「人材サービス業界の営業職」から「コンサルタント」に転身したAya.Oさん。彼女がアクセンチュアに求めたのは「20代でビジネスの戦闘力を高め、成長できるフィールド」だったーー。

SIerからアクセンチュアへ、28歳で選んだコンサルへの転身

アクセンチュアに中途入社し、約3年でアソシエイト・マネジャー(*)に抜擢されたLiu.Xさん。2018年には結婚し、公私共に充実した日々を送る。そこには、彼女の「仕事で高い成果を出し、私生活も妥協しない」というスタンスがあったーー。

私が広告会社からアクセンチュアへの転職を選んだワケ

もともと大手広告会社のアカウントエグゼクティブとして、順風満帆とも思えるキャリアを歩んできたTakeshi S.さん(32)。だが、彼はさらなる成長を求めアクセンチュアへ。そこにあったのは「広告・マーケティング領域だけではなく、経営レイヤーでの変革に挑戦したい」という想いだった。

SIやベンダー出身者が、アクセンチュアを選ぶ理由

SIer、ベンダー出身のITエンジニア…彼らはなぜコンサルタントというキャリアを選択し、なぜアクセンチュアを選んだのか。そこには先端のテクノロジーを活用し、クライアントの真のパートナーとして最上流で課題解決を手がけたいという思いがあったー。

最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
若手ハイキャリアのスカウト転職