SELECTION
年収500万円以上 × サポートエンジニア

IT業界のサポートエンジニアに注目。年収500万円以上の求人募集、その特徴とは?

ソフトウェアやネットワークの安定稼働、製品の改善を支えていくサポートエンジニアやテクニカルサポート。そのなかでも今回は年収500万円以上の求人に絞って見ていこう。一体どのような企業が募集をしているのか?

>>>「サポートエンジニア」の求人募集一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

より「サポートエンジニア」の役割が重要な時代へ

日進月歩、テクノロジーが進化している時代。多岐にわたるソリューション、ソフトウェアやSaaSモデルのサービスが普及している。そのなかでも特に注目されているのが、サポートエンジニアの存在だ。企業によってはカスタマサポートエンジニアやカスタマーサクセス、プロダクトサポートなどと呼ばれることもある。

特に期待される役割として、プロダクトやサービスの仕様、技術要件を理解した上で顧客やユーザーと、開発エンジニアの橋渡しとなっていくこと。技術的な問い合せに関しても一次対応によって問題をスムーズに解決していく、サポートエンジニアやテクニカルサポートは重宝される。顧客満足度向上のためにも、その存在は重要なものとなっている。

また、サポートエンジニア/テクニカルサポートチームにおけるマネジメントの経験者を求める企業も多い。とくに技術のみならず提案や企画、コミュニケーションなどヒューマンスキルも必要とされる職種。チームビルディングや教育、育成に携わったことがある方はアピールポイントになるだろう。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

「年収500万円以上/サポートエンジニア」の特徴は?

2018年1月現在、社名公開求人としては『Dell EMC』といった外資企業の社名も見受けることができた。とくに自社製品を扱う企業であれば、現場で得たフィードバックを開発・企画に活かしていくこともできる。やりがいもより大きなものになるといえそうだ。

サポートエンジニア、テクニカルサポートの経験者はもちろん、エンジニアからの転身が歓迎されるケースも多い。たとえば、「他部門や顧客とより近い距離で働きたい」「技術プラスアルファのコミュニケーションや調整のスキルを高めたい」という方は必見の求人といえそうだ。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
20代ハイクラスのための転職サイト