REPORT
IoTエンジニアの求人が増加!

いま、エンジニアが
「IoT」に挑戦するメリットとは?

掲載日:2017/05/21更新日:2021/02/18

現在、IoT関連のエンジニア求人が増加中。ウェアラブルデバイスを使った健康管理や、保育・介護現場で使われる見守りシステム。今後は、政府主導で「スマート農業」の実現も進む。エンジニアの新しいキャリアの選択肢とは?

>>>「IoTの開発に関わる」求人募集一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

あらゆる領域を取り込み、拡大を続けるIoT市場。

まずIoTにおいて最近よく注目されているのが住宅領域だ。たとえば、天候に合わせて照明やエアコン温度を自動調節してくれたり、スマホで鍵の開け閉めを行えたりする「スマートハウス」は一般的なものになりつつある。

また、自動車領域においてもIoT化が進んでおり、“カーナビやデバイスとインターネットを接続して、快適かつパーソナルな車内時間を楽しもう”という動きが加速。

最近ではIoT家電への注目も高まっており「“傘を持っていく必要があるか”を知らせてくれる傘立て」「ごみ収集の日を教えてくれるゴミ箱」なども生まれている。

今後、もしかすると「IoT」が当たり前になれば、その言葉すらが古臭いものになっていくかもしれない。

将来的には、社会インフラにかかせない技術に。

SEC

住宅、自動車、家電をはじめ、あらゆる領域を越境していくIoT。今後IoTは、私たちの暮らしに必要な社会インフラを構築する上で、欠かせない技術へと発展するだろう。

そんな未来に求められるのが、技術者の存在。都内ではIoTエンジニアのためのカンファレンスも開かれるようになり、IoT関連求人も増加傾向にある。

     

IoT黎明期。エンジニアとしての市場価値を高めるチャンス

BOT

現在IoT市場では約30万人のエンジニアが開発に携わっているといわれるが、VisionMobileの予測によると、2020年までには約450万人にまで増えるという見込みがある。

本格的に普及していく黎明期であり、景気も悪くない今こそチャレンジをしていくといった選択肢もあるはず。複数の専門分野をまたがって成り立つIoT。ハード・ソフトそれぞれの知識・経験を身につけることで、今後エンジニアとしての市場価値は高まっていくはずだ。

     

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト