REPORT
事業立ち上げに携わるチャンス!

新エネルギー関連の求人まとめ

掲載日:2017/05/24更新日:2021/02/18

エネルギー効率に対する意識向上・電力自由化などを背景に、近年注目を集める新エネルギー。ニーズは急増中で、新エネルギー関連の新事業を立ち上げる企業も少なくない。新規事業に携わる、見逃せない求人とは?

>>>「電気・ガス・水道関連の企業」求人募集一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

環境問題対策として注目を集める新エネルギー

年々深刻化するエネルギー問題や環境問題。地球温暖化ひとつとっても、国連IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が2013年に発表した報告書によると、世界では最大で2015年に2.6度、21世紀末には4.8度の気温上昇が予想されているなど、早急な対策が求められている。

これらの問題を本質的に解決するためには、技術によって突破口を見つけるより他はない。そこで期待が寄せられているのが新エネルギーだ。

テクノロジー革新に大きな期待が寄せられている

SEC

深刻化する環境問題を背景に、日本政府は2030年に再生可能エネルギーの割合を2015年時点の約2倍にするという目標を掲げた。その達成に向け、経済産業省の資源エネルギー庁は「グリーン減税」「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」など、省エネ対策に努める企業に対して各種支援も行なっている。

そうした動きからもわかるとおり、各産業には更なるエネルギー効率向上が期待されており、より良い技術開発に注力する企業も増えている。
     

電力自由化も需要拡大の後押しに

BOT

「電力の全面自由化」も、新エネルギーにおける注目度の高まりに強く関連している。 2016年4月にスタートしたこの制度は、その地域ごとの電力会社だけでなく、様々な会社が電力を家庭に販売することを可能にした。 それにより、太陽光発電などに取り組む企業が増加。これまで電力に関連のなかった多くの企業も、新エネルギー関連の新事業を立ち上げるなどの動きが見られている。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト