SELECTION
営業経験者はスタートアップが狙い目!?

動画・AI・プラットフォームビジネス…市場価値を高められる領域は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代・30代営業経験者のなかで「ポストが空かない」「上が詰まっている」などキャリアアップの機会に飢えている人もいるはずだ。実はスタートアップ・ベンチャーへの転職が、そんな悩みに解決のきっかけを与えてくれる。特に狙い目となる領域は…?

>>>「スタートアップ・ベンチャーの営業職」求人募集の一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

スタートアップ・ベンチャーで重要ポストに!

現在、サービス開発のフェーズから、製品を広めるフェーズに投入したスタートアップやベンチャーが増えてきた。とくにBtoBサービスでは「営業経験者」の求人ニーズが増している。

当然だが、営業経験者に期待されているのはプロダクト・サービスを売り、広めていくこと。同時にスタートアップ・ベンチャーでは、型に固定観念に囚われたフローやプロセスは存在しない。どのようにすれば顧客に価値を感じてもらえるか?マーケティングや商品企画から関与できる可能性が高い。

さらにチームを立ち上げ、営業戦略の立案、経営へのコミットなどキャリアの可能性に天井はないといえる。また、成果を出せば出すほど、そのリターンも期待ができるのが、スタートアップ・ベンチャーだ。

また、事業を成長させていくにあたり、志や企業への共感を買われるケースも多あり、たとえば、経験が浅かったとしても、面接機会が得やすく、マネージャーへのチャレンジが歓迎されることもある。つまりキャリアアップには絶好の機会といえるのだ。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

資金調達の有無、経営者のビジョン…事前リサーチで不安払拭を。

同時に「一般的にはあまり知られていない企業への転職」に不安感もあるだろう。ここは捉え方次第だが、営業を募集し始めるということは、企業が拡大フェーズにあるということ。人材を抱える上でどの程度の資金調達を実施しているか。どういった経営体質か。どのような成長曲線を描けているか。そして経営者のビジョンや覚悟は。こういった事前に確認・リサーチすることで、自身が抱く不安が払拭できれば、転職先における選択肢のひとつになるはずだ。

もちろん約束された絶対の成功はない。ただし、営業経験を活かし、社会的インパクトのあるプロダクトを広め、事業にドライブをかけていく。そのやり甲斐、得られるキャリア・経験、報酬・リターンを考えれば、そこでの経験は自身を次のステージへと押しあげる武器になる。      

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

動画・AI・プラットフォームビジネス…どの領域を攻めるか。

では、スタートアップ・ベンチャーの中でもどういった領域を攻めている企業が狙い目になるか。

もちろん最も重要なのは、入社後に自身が活躍ができるかどうか。そういった意味では、事業領域のみならず、経験をどう活かせるか。その企業のカルチャーのマッチングが重要になる。

その上で、応募先の候補として「営業募集をスタートしているスタートアップ・ベンチャー」を見ていくとある特徴が。それはまさに今、市場が生まれようとしている領域ということだ。

たとえば、SNS上でも急増している動画コンテンツ・マーケティング、AI関連、プラットフォームビジネスなど。テクノロジーの進化、広告コミュニケーションの変化など社会の変化を捉えているスタートアップ・ベンチャーの求人に注目だ。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト