REPORT
営業経験者、必見!

ベンチャー企業の「営業マネージャー」募集! いま、注目の業界とは?

掲載日:2020/12/23更新日:2021/02/22
求人掲載中

ぞくぞくと新たなビジネスが立ち上がっているAI、HR Techなどの業界。各企業において組織拡大も進んでいる。今回はこういった注目領域・業界における営業マネージャー/管理職募集にスポットをあてていく。

>>>「営業管理職×ベンチャー」の求人一覧はこちら

AI、HR Tech…いま「営業マネージャー」として注目の業界とは?

まず「営業マネージャー」の求人募集を見ていく上で気になるのが、どういった商材を扱う企業なのかということ。

今回注目したのが、AI、HR Techといった成長領域だ。成長フェーズにあり組織拡大を進める企業も多く、管理職が求められているといっていいだろう。

たとえば、2020 年12月現在、AIによって知識習得・記憶定着を可能とするプラットフォーム『Monoxer(モノグサ)』を開発するモノグサ社、ユニークなTVCMでも話題となったSaaS型のWeb面接システム『インタビューメーカー』を提供するスタジアム社、ECを起点にコンサルティング・デジタルマーケなどの事業を手掛けるイングリウッド社などの募集が見受けられた。

新たな営業手法の導入も。営業マネージャーに期待されること。

続いてみていくのは、企業側が営業マネージャーに期待している役割について。当然、メンバー育成やモチベーションの維持、数字管理などは担っていく。加えて「いかに経営方針を理解し、事業戦略へと落とし込むか。組織に浸透させていくか」という部分も期待される。

■全社の長期的な方向性、戦略を打ち出す能力
■既存の仕組みにとらわれず、新しい手法をつくり出す創造性
■メンバー、他部署など周りを捲き込み仕事を進められる力

また、昨今では「クラウド型営業支援ツール」をはじめ、さまざまなツールで営業活動を効率化することが当たり前に。いかにそういったツールを活用し、より本質的な課題解決、新たなソリューションが提供できるか。チーム、会社全体として売上を上げるためにはどういった仕組み・システムが必要か。こういった提案にも大きな期待が寄せられているといっていいだろう。

企業の理念・ビジョンに共感できるか。

最後に営業マネージャーとして企業を選ぶ際に重要な視点について触れておきたい。それが、その企業が目指す方向性、理念やビジョンに共感ができるか?といった点だ。

たとえば、チームやメンバーにおける目標設定も営業マネージャーの重要な役割。企業・ポジションによっては、会社・事業部全体の目標策定から担っていくケースもあるだろう。

経営層との距離が近ければ、企業の経営理念・ビジョンの理解は欠かせない。さらに少数精鋭の組織でいえば、理念・ビジョンをつくる側、経営幹部として採用されることもあるだろう。そのようなチャンスが掴める求人もある。ぜひチェックしてみてほしい。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト