REPORT
2017年12月、国内利用者数7300万人突破!

LINEグループの求人に注目。音楽配信、決済、ショッピング...広がるサービスの可能性。今、求められる人材は?

掲載日:2018/03/05更新日:2018/06/26

日本最大級のコミュニケーションアプリ『LINE』。その巨大なプラットフォームを活かし、音楽配信、ゲーム、求人、決済などさまざまなサービス展開が進む。さらに電力、ガス、航空、運輸などと連携した取り組みも活発に。今回はそんなLINEグループの求人に注目していこう。

>>>「LINEグループ」の求人募集はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

国内利用者数7300万人。LINEを軸にサービス展開を仕掛けるLINEグループ。

日本最大級のコミュニケーションプラットフォーム『LINE』。2017年12月時点の利用者数は7300万人以上(*1)LINEグループは『LINE』のコミュニケーションツールとしての利便性向上を図るとともに、さまざまなサービスへと展開させている。

たとえば、2017年6月にリリースしたのが、LINEユーザーと店舗をつなぐ「LINEショッピング」。リリースと同時に100を超えるブランドが商品を展開、リリース後5ヶ月で会員登録数が1000万にを突破した。2018年度中の流通総額1000億円を目指していく(*2)。

さらに異業界と連携した取り組みも活発だ。たとえば、電力・ガス・航空・運輸などと連携。公共料金や配送物の予定日、飛行機の遅延・決行の通知をユーザーが受け取れるようになった。

流れとしては個別のサービスやアプリを介して行なっていた通知や手続きを「LINE内で完結できるようにする」というもの。今後も『LINE』は生活を支えるインフラ、その一部としての機能を担っていくかもしれない。

(*1)2017年12月期 決算資料
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/Q4_earningreleases_JP.pdf
(*2)LINEショッピング、流通総額は開始から2桁成長で2018年内1000億円を目指す
https://ecnomikata.com/ecnews/17025/

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

LINEグループが募集する求人傾向は?

グループ各社がさまざまなサービス展開を仕掛けるLINE。当然、その求人として担当サービスや職種は多種多様だ。

・メディアコンサルタント【LINE NEWS】
・事業開発【LINE Ads Platform】
・セールスエンジニア【LINE ビジネスコネクト】
・クリエイティブ・ディレクター【広告】
・デジタルマーケティング【LINEブランドサービス】

※2018年3月現在の求人情報となります。内容は変更となる可能性があります。予めご了承ください。

近年、スマートスピーカー「clova」をリリースするなど、、事業やサービス領域を拡張させているLINEグループ。その一員として働くことは、さまざまな経験や新たなスキルを身につけられる機会も多いといえそうだ。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト