SELECTION
家電メーカー × マーケ・企画職

家電メーカーが勝負に出る。海外展開、AI家電、業務提携なども活発に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外展開、新製品開発、業界をこえた各社との協業・提携…いま家電メーカー各社は勝負の時といっていいだろう。特にマーケティング・企画職の求人募集と共に、その動向について見ていこう。

>>>「家電メーカー×マーケティング×企画職」の求人募集一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

生き残りをかけた家電メーカーの戦い

2017年、家電小売市場規模は前年比1%増の7兆700億円に留まった。そのなかでも比較的好調なのが、AIやIoTを活用した高機能製品。

たとえば、シャープはインターネットとつながるスマート家電の国内販売台数を2019年度までの3年間で10倍の300万台に引き上げる方針。さらに同社では白物家電の海外比率を2016年度の45%から3年で60%に高めていく方針を発表した。各社の戦略はそれぞれだが、「海外」「スマート家電」「協業・提携」がテーマになるといっていいだろう。

そのなかで重要な役割を果たすのが、マーケティング・企画職だ。2018年3月現在の求人について見ていこう。

▼売上高8兆円を超える、大手エレクトロニクスメーカー
今回募集されていたのが、海外市場のマーケティング・広告宣伝に携わるポジション。具体的には、商品の訴求立てつけ、アセット制作、グローバルイベントの企画・進行、市場調査、広告宣伝の調整など。

▼家電事業の売上高が2兆を超える、電機メーカー
家電の日本市場における宣伝業務に携わるポジションを募集していた。具体的には、家電製品のコミュニケーション戦略の策定、新商品の訴求戦略、コンセプトの小地区に携わっていく。

求人傾向として海外市場を担当する募集も多く見受けられた。グローバルなフィールドでキャリアを築きたい方も必見だ。

(*1)「2017年 家電・IT市場動向」- 家電小売市場規模は前年から1%拡大
http://www.gfk.com/jp/insights/press-release/1804ceandha2017/

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人