REPORT
PR未経験者も活躍

1000億円超の市場規模へ、PR業界の「今」と「これから」

掲載日:2019/10/14更新日:2021/02/18

さらなる市場成長が予想されているPR業界。2016年度、PR業界の市場規模は1016億円。前年度より7.2%増加している(*1)。PR先進国であるアメリカでは、10年で市場が倍増し、1兆円を超える規模へ(*2)。日本でもより重要となっていくはず。PR業界の概要と共に、企業戦略におけるPR会社に期待される役割について見ていこう。

>>>「PR業界」の求人はこちらから

SNS時代、PR会社に期待される新たな役割

企業の広報活動をサポートする。これがPR会社の主なビジネスだ。

具体的な役割の一つが、メディアと企業とのパイプ役。

たとえば、テレビや雑誌、ネットなどのメディアとリレーションを築き、顧客企業の発信したい情報の露出を獲得。広告ではなく、パブリシティで番組や記事で情報が取り上げられるよう活動していく。取り上げられるための切り口や、より生活者やユーザーに関心を持ってもらうための企画も、専門家として期待される役割といえるだろう。

さらに近年、あらゆる企業で広報・PR活動を重要視する傾向がある。

インターネットやSNSの普及により、個人が気軽に情報を発信できる時代。広告とともに、第三者、つまり個人による発信が力を持つようになった。そこで、Web上でいかに話題をつくっていけるか、生活者・ユーザーと良い関係を築いていくか。広報・PR活動の役割はより大きくなってきている。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

PR×テクノロジー

こうした中、PR会社の中でPRとテクノロジーをかけ合わせた事業の展開も活発となってきた。

2018年4月にブラップジャパンは運営するプレスリリース配信サービス「Digital PR Platform(デジタルPRプラットフォーム)」に"メディアCRM”機能を実装した。

具体的には、配信したプレスリリースの既読・未読状況といったデータを取得し、メディアの関心度を数値化。メディアの求める情報や切り口、タイミングなどの把握が可能となるようだ。

もう一つ、2017年に共同ピーアールがリリースしたのが、ソーシャルメディア上で記者発表会の様子をライブ配信するサービス。合わせてソーシャルメディアでより興味を喚起しやすい企画・編成を行なっていくという。

大手PR会社を中心に、テクノロジー企業との連携や買収なども進む。今後のPR×テクノロジー領域にも注目したい。

PR業界、異業種からの転身も。

PR業界では、同業界での経験を問わない求人も少なくない。(2019年10月時点での求人となります)

たとえば、国内トップクラスの総合PR会社「ベクトル」では『戦略PRコンサル営業』を募集していた。企業のPR戦略の設計・企画、実行などを担う。「地方自治体のインバウンド旅行者数を10倍に増やす」「低下しつつある自社ブランドを再生し、業績をV字回復させる」などの案件もあるようだ。採用要件に業界経験は特に記載されていない。

その他にも、プレスリリースを手軽に動画コンテンツ化するサービス『ビデオリリース』を手掛ける「NewsTV」、カンヌライオンズ発表『PR Agencyランキング(Global Creativity Report 2018)』でアジア勢で唯一ランクインした「マテリアルグループ」などの募集も見受けられた。

特にプロモーションやマーケティングの知識を得ていけるケースが多い。ぜひ参考にしてみてほしい。

(*1)PR業実態調査を実施
http://prsj.or.jp/wp-content/uploads/2017/07/NewsRelease20170705.pdf
(*2)日米PR業界を徹底比較 広報は経営のドライバーになりえるか?
https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201511/pr-paradigm-shift/006537.php

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト