REPORT
働く場所は、自分で決める

リモートワークOKの求人まとめ。その共通点とは?

掲載日:2017/06/02更新日:2021/02/18
求人掲載中

会社に出勤せず、自由な場所で働くことができる「リモートワーク」が注目される。大手企業をはじめ、ベンチャーが制度化するケースも。その狙いとは? リモートワークOKの求人情報から見えてきた共通点とは?

>>>「リモートワークOK」求人募集の一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

企業は、なぜリモートワークを導入する?

働く場所にも、時間にも縛られない働き方。それがリモートワークだ。一見、従業員にやさしいワークスタイルに思える。同時に、企業側にもメリットがある。

まずは採用面だ。たとえば、優秀な人材を採用していくとなったとき、ワークスタイルが選択できること、他社と比較されたときの採用上の強みとして押しだすことが可能。さらに多様な働き方を許容するチーム・組織は退職リスクも避けることができる(従業員のライフイベント、親の介護などにも対応した働き方の提示)。さらには出社する従業員が少なければオフィスの物件・設備にかかるコストも抑えられる。もちろん、遠隔でのマネジメントやコミュニケーションなど業務遂行においてハードルはあるが、うまく仕組み化することで、リモートワークは従業員と企業側、それぞれにメリットがあるのだ。

2

また、もうひとつ企業がリモートワークを導入するメリットとして「企業ブランディング」だ。リモートワークを実現する上ではクラウドシステムの活用、先進的な組織マネジメントなどを取り入れることが必須。その成功事例をもとに、メディアなどを通じた発信・アウトプットが広告宣伝につながり、企業ブランディングを図るといった狙いだ。

続いて、どんな企業がリモートワーク導入に踏み切っているのか。どのような人材がマッチするのか。求人情報から見ていこう。

     

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

プロセスより成果で判断。実力主義の企業

3

求人情報が公開されており、リモートワークOKな求人として人材系・コンサルティング・商社に加えて、外資系企業が目立つ。共通項としては「実力・成果主義」であるということだ。つまり「成果を出せば、プロセスは問われない」というスタンスともいえる。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト