REPORT
あずさ・トーマツ・EY新日本・PwC…

デジタル時代、世界4大監査法人の動向。

掲載日:2019/01/14更新日:2021/02/18
求人掲載中

相次ぐ、大手企業の会計不祥事 ―― 監査の重要性が増している。さらにコロナ禍、「リモート監査」をせざるを得ない状況も発生。こういった中で「デジタル監査」を強化する動きも。各社の取り組みとともに、求人から今後のトレンドを読み解く。

デジタル時代、監査にも新潮流

「あずさ」「トーマツ」「EY新日本」「PwCあらた」

国内4大監査法人が、日本の全上場企業のうち7割以上の監査を担当していると言われている(*1)。そして、その大手4社が進めるのが、AI・RPAといったテクノロジーの活用だ。

不正を発見しやすくする、そして監査の品質を高めていく――そんな取り組みを進める大きな要因となったのが、相次ぐ大企業の会計不祥事だ。

実際に、2019年に不適切会計を開示した上場企業は70社。調査を開始した2008年から比べると、2倍以上に増加した(*2)。適正会計に対するコンプライアンス意識は高まり、監査にはさらなる厳格さが求められていくだろう。

また、コロナ禍、監査法人でも相次いで在宅勤務を発表。監査先の企業への訪問が難しくなり、「リモート監査」を余儀なくされる事態に。こうした中、「デジタル化」の重要性が増している。

テクノロジーの活用によって、監査の品質を上げる――今後、こういった取り組みは業界のスタンダードになっていくと言えるかもしれない。大手4社の実際の動きを見ていこう。

あずさ監査法人…「デジタル監査」専門部署を強化

2019年7月、「デジタル監査」を強化するため、新たに「Digital Innovation部」を設立を発表したのがあずさ監査法人だ。

同部署が具体的に推進していくのは、社会のデジタルニーズに対応したソリューション開発、AIを活用した監査、監査手続きの高度化・効率化だ。現場における監査業務のデジタル化を推進していくために、社員へのデジタルリテラシー研修内容を拡大、さらに毎年1000名以上を対象に、データ分析やデータベースに関する集中プログラムを実施するなど、サポート体制も整える(*3)。

さらに、コロナ拡大に備え、あずさ監査法人では企業の統合基幹業務システム(ERP)に随時アクセスし、受注状況などを遠隔で確認する仕組みを強化。2020年3月期の監査では対象企業は5社だったが、21年3月期には3~4倍の15~20社にまで拡大していくという(*4)。

こうした中、あずさ監査法人では「データアナリスト・データサイエンティスト」に携わるポジションの募集を行っている(2020年10月現在)。

トーマツ、EY新日本、PwCあらた…AIで不正を検知、システム活用を促進

AIを活用した自社システムの活用を進めているのが、有限責任監査法人トーマツだ。

財務情報をはじめ、企業から得た大量のデータをシステムが自動分析。会計士がより専門的な業務に集中できる体制を作る。

こうした中、トーマツはデータサイエンティストの増員を進めている。他にも、ITコンサルタントなどの募集も見受けられた。(2020年10月現在)

また、EY新日本有限責任監査法人、PwCあらた有限責任監査法人は、ともに会計の異常値を検出するAIシステムを導入した。不正につながる異常な資金の動きを、機械学習により自動検出できる体制の構築を急ぐ。

とくにコロナ禍、PwCあらた有限責任監査法人では、2020年7月より企業の統合基幹業務システム(ERP)に随時アクセスし、受注状況などを遠隔で確認する仕組みを強化。導入企業を2020年秋までに10社以上に増やすという(*4) 。

また、EY新日本は、2020年7月、監査品質向上と効率化を目的として「アシュアランスイノベーション本部」を設置。「オペレーション」「アナリティクス」「オートメーション」などの各専門分野の人材・知見を集めた専門組織を強化。さらに、リアルタイムでのリスク識別を目的としたテクノロジーの開発を担う「AIラボ」の設置を進めていく。同組織は2020年現在400名体制だが、2023年6月末までには2倍の800名規模にしていくことを見据える(*5)。

大手監査法人で活きるのは、「監査」や「財務」「コンプライアンス」といった知識・経験ばかりではない。今後はデジタル・テクノロジーの知見を持つ人材も、さらに歓迎されていくと言えそうだ。興味を持った方はぜひ一度求人を確認してみてほしい。

参考
(*1)大手監査法人がタッグ 取引確認システムを共同開発│日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30378110R10C18A5EA1000/
(*2)2019年全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査│東京商工リサーチ
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200124_01.html
(*3)あずさ監査法人Digital Innovation部を設立│Mapionニュース
https://www.mapion.co.jp/news/release/ap187389-all/
(*4) 会計士、デジタルで「常時監査」 コロナ拡大に備え│日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61528160V10C20A7DTA000/
(*5)EY新日本、次代のデジタル監査・保証ビジネスモデル「Assurance 4.0」でプロフェッショナルサービスの強化へ| EY Japan
https://www.eyjapan.jp/newsroom/2020/2020-02-26.html

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!

「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト