SELECTION
『コーポレート部門』求人に注目

キリン、サッポロが財務・税務・法務を募集。その背景とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キリンビール、サッポロビールの求人動向に注目。とくに財務・税務、国際法務など、コーポレート部門での採用強化が見受けられた。それぞれのポジションやミッション、募集背景について見ていこう。

ビールメーカーで進む、外部人材の登用

近年、ビールメーカー各社、外部人材の登用の活発化が見て取れる。

キリンビールから見ていくと、異例の人材登用が話題となった。

2018年、P&G出身の山形光晴氏が40代前半と異例の若さで執行役員に。同社のマーケティング改革を牽引し、「本麒麟」大ヒットの立役者として活躍する。また、キリンホールディングス社長の磯崎功典氏は「本社の3分の1を早い時期に外部人材にしたい」と語る。今後さらに人材採用を活発化させていく方針だ(*1)。

サントリーホールディングスで見ていくと、創業家以外から初の経営トップとして、元ローソン会長の新浪剛史氏を招聘。アサヒビールは、2018年に、サトーホールディングス社長の松山一雄氏を32年ぶりに外部から取締役として迎えている。

キリンが財務・税務、サッポロが国際法務を募集

こうした中、今回注目したのがキリンビール、サッポロビールの求人だ。とくに2019年5月時点において、求人募集があったのは、財務・税務、国際法務など。

共通項として見受けられるのが「業界経験不問」、さらに「グローバル」というキーワード。求人詳細を見ていこう。

キリンビール / 会計・財務・税務担当

2017年12月期から、IFRS(国際会計基準)の導入をスタート。今後、多くの企業が導入を進めていく中、非常に貴重な経験ができると言えるだろう。

もう一つ、グローバルに活躍したい方にとってもチャンスは多い。2015年から5年間で、ビール海外販売数量の5割増加を計画するなど、海外展開に注力する同社。実際に、海外関係会社とのやり取りも多いようだ。

サッポロビール / 国際法務

「グローバル展開の推進」をグループ成長戦略の主軸に定める同社。2018年に中国市場への再参入、2019年に海外酒類事業の再編など、海外での動きは活発だ。

積極的な海外展開を仕掛ける中、国際法務の担う役割も重要になっている。グローバルなフィールドで法務として活躍したいという方にとって、非常にエキサイティングな環境があると言えそうだ。

(*1)独り勝ちは本物か キリンビールの変革(日経MJ)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43268200T00C19A4H11A00/
(*2)キリンビールプレスリリース
https://digitalpr.jp/pdf.php?r=22738

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト