SELECTION
日立コンサルティング、デロイトグループ、PwCあらた…

コンサルファームで「地方創生」を支援するという選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本における大きな課題となっている地方創生。じつは「コンサルティングファーム」が支援しているケースもあり、関連求人も見受けられる。一体どのような求人があるのか見ていこう。

地方創生を支援。専任コンサルタントの求人も。

政府が力を入れている政策のひとつ、それが自治体による「地方創生」の支援だ。

背景には、東京をはじめとした首都圏への人口集中を是正し、人口減少に歯止めをかけたいといった狙いがある。

というのも、地方に比べ首都圏は出生率が低い傾向にある。事実、東京は47都道府県の中で出生率はワースト1位だ。つまり、出生率が高い地方の人口流出を抑制し、流入を増やすことで日本全体として人口の維持を目指していく。

地方創生に取り組む上で、地方自治体のサポートを担うコンサルタントの求人ニーズも高い。具体的にどういった仕事に取り組んでいくのか。実際の求人を見ていこう。

▽日系経営コンサルティングファームの求人について

地方創生コンサルタントの募集が行なわれていた。具体的な業務として挙げられていたのが、

■全国自治体への支援
地域活性化、人材育成、計画策定、事業実行、道の駅や第三セクター等の開発及び活性化

■公共施設の指定管理等を行う民間企業への支援
入札参加、事業構築、活性化施策の策定及び実行

■被災自治体の復興支援
経済産業省の基金を活用した支援 など。

たとえば、中央省庁、地方公共団体、中小企業団体での実務経験、また中央省庁・自治体を顧客として調査・研究などで支援した経験が活かせそうだ。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり

さらに、日立コンサルティングの「地方自治体に対する公共コンサルタント」、トーマツグループの「地方におけるベンチャー支援担当」、PwCあらたの「国・地域の社会課題解決を担うコンサルタント」募集も見受けられる。

▽事業再生・海洋事業関連ファンドの求人について

ユニークなところでは、愛媛県の海面養殖業、水産加工業を対象とするファンド立ち上げに携わる求人も。

具体的な業務として記載されていたのが、

・ファンドの立ち上げ業務、新会社の設立
・新会社、投資先に常駐し、生産管理、ブランド構築、販路拡大
・地元金融機関や行政、事業者とのリレーション構築 など。

「地域の主要産業創生ファンド」における投資検討や、ハンズオン支援(投資先への経営参画)を行なうコンサルタント職。たとえば、監査法人、投資銀行、証券会社でのフィナンシャル・アドバイザリー、投資ファンドにおける投資実務などの経験が活かせる環境にあると言えそうだ。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト