REPORT
医療、介護、製造業…各業界のDXを推進!

レガシー産業をアップデート!いま注目したい「バーティカルSaaS求人」まとめ

掲載日:2021/03/04更新日:2021/03/04
求人掲載中

コロナ禍、ビジネスモデル・業務フローのアップデートが進められるなか、SaaSの導入が一気に加速。こうしたなか、特定の業界に特化した「バーティカルSaaS」の存在感も少しずつ高まりを見せている。その動向について、見ていこう。

SaaSは大きく2種類ある
・ホリゾンタル(Horizontal)SaaS
Horizontalとは「水平」の意。Horizontal SaaSとは、業界・業種に関係なく、「人事向け」や「マーケ向け」特定職種の課題を解決するSaaSを指す。たとえば、勤怠管理やMAツール等。

・バーティカル(Vertical)SaaS
VerticalとはHorizonalの対義語で「垂直」の意。Vertical SaaSとは、職種に関係なく、特定の「業界」に特化したSaaSを指す。「業界特化型SaaS」と呼ばれることも。たとえば、医療機関向けの「オンライン診療システム」や、飲食・小売店向けの「クラウドPOS]レジ等。

バーティカルSaaSの可能性

特定の業界に特化したSaaS、いわゆる「バーティカルSaaS」は、今後成長余地のある領域だといえるだろう。

なぜなら、業界に特化したSaaSは、いわゆるブルーオーシャンであることも多いからだ。

業種に関係なく、特定の業務に使われるSaaS、いわゆる「ホリゾンタルSaaS」は、ビジネス機会は豊富ではあると同時に競争も激しい。たとえば、米セールスフォース・ドットコムをはじめ、海外の巨大SaaS企業とも競争していくことになる。

比較して、「バーティカルSaaS」はニッチである分、競争相手は少ない傾向にあるといえるだろう。

潜在的な顧客や市場を適切にとらえることさえできれば、大きな成長も期待できる。

とくに、いち早くその業界に張り、高いシェアを持つことができれば、蓄積した膨大なデータを解析し、新たなビジネスを創出していくことも可能だ。

市場規模の大きいレガシー産業も多く存在する日本。コロナ禍でのDXの機運も後押しし、今後さらに成長していくと予想される。

バーティカルSaaS求人詳細

こうした中、バーティカルSaaSの領域において、どういった募集が行われているのか。たとえば、「医療」「介護」「製造業」「建設業」などの領域で求人が見受けられた。どういったソリューションによって業界の課題を解決していくのか、求人と共に紹介していこう。

※2021年3月現在、募集されている求人となります。

メドレー

オンライン診療システム「CLINICS」を提供。働き盛りのビジネスパーソンや学生のように通院時間の確保が難しい方や、医療過疎地にお住まいの方、介助が必要な方、お子さんのいらっしゃる方など通院の物理的心理的ハードルが高い方などの通院負担を軽減し、治療継続をサポートする役割が期待されている。

こうした中、オンライン診療サービスに関わる「プロダクトマネージャー候補」や「カスタマーサクセス」などのポジションで募集が行われていた。

アぺルザ

2019年4月より、製造業に特化した営業・マーケティング支援ツール「アぺルザクラウド」を提供。製品・サービスの認知・引合い獲得をはじめ、顧客情報の一元管理、名刺のデジタルデータ化、メールマーケティング機能、インターネットFAX機能、eコマース機能など、営業・マーケティング活動を支援する様々な機能を搭載。営業担当は、顧客情報を徹底的に収集し活用することで付加価値と生産性の高い営業を実現し、顧客と深い関係を構築することが可能になる。

こうした中、「営業統括責任者」「カスタマーサクセス責任者」などのポジションで募集が行われていた。

エス・エム・エス

介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」を提供。具体的には、無料で求人が行えるサービス、国保連からの入金を待たずとも一部資金を得ることができるファクタリングサービス、タブレット端末の無料貸与といった経営改善サービス、その他作業の効率が測れる各種機能を搭載。これらを通じて、経営・業務の効率化や働き方改革をサポートしている。

こうした中、SaaS事業の「事業責任者候補」や、事業をグロースさせていく「事業企画」などのポジションで募集が行われていた。

CLUE

ドローンを飛ばすことにより空撮で屋根・外壁を点検できる、建築・建設事業者向けのSaaS型アプリケーションサービスを提供。梯子をかけて人が屋根に登る必要がないため、転落事故をゼロにすることができる上、点検時間は70%減で生産性向上が可能となる。

こうした中、「セールスリーダー」「カスタマーサクセス」の募集が行われていた。

その他、医療・ライフサイエンス業界向けのクラウド文書管理システムを提供するAgathaを提供する「アガサ社」、フィールドワーカーの働き方を変えるcyzen(サイゼン)を提供する「レッドフォックス社」の募集も見受けられた。少しでも興味を持った方は、まずは求人票にある「興味あり」を押してみることをおすすめしたい。そうすれば、事前の合格可能性を受け取ることが可能だ。

参考:

日本経済新聞|巨大VCも注目の業界特化SaaS 秘めたる可能性とは?
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65037870V11C20A0000000/?unlock=1
Forbes|発表「CLOUD TOP10」 優れたクラウド・スタートアップ1位は?
https://forbesjapan.com/articles/detail/39516/3/1/1

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事が掲載されている特集はこちら
SaaSビジネス最前線
コロナ禍、ビジネスモデル・業務フローのアップデートが進められるなか、「SaaS(Software As A Service)」の導入が一気に加速。SaaS企業の求人動向とはー。
掲載されている記事 3本
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト