SPECIAL

コンサルティングファームで働く

積極的に採用活動を行なっているコンサルティングファームを特集。各社で得られる成長機会、描けるキャリアとは。
アクセンチュアが「第二新卒」採用強化へ

世界で71万人以上のプロフェッショナルが在籍する「アクセンチュア」。強化しているのが「第二新卒」採用だ。なぜ、多くの入社者が業界・職種未経験から採用され、活躍しているのか。その詳細・背景について人事担当者であるYukaさんに伺った。

業界を牽引するコンサルファーム14選

積極的に採用を行うコンサルティング業界。その中から14社をセレクトして紹介。どの企業も「総合系」「戦略系」「シンクタンク」といった各領域を牽引する、リーディングカンパニーばかりだ。

ゴールドマン・サックス出身の代表と目指す、日本経済のパラダイムシフト

創業から5期目ながら日本を代表する大手企業をクライアントとして獲得し、金融・IT・新規事業領域のコンサルティングに特化してサービスを展開するX Capital。年間100%超の成長を続け、この2年間で従業員数が約8倍に。なぜ彼らはMMBやBig4など競合ひしめくコンサルティング業界において、若い組織ながら大手企業の中枢事業に対しコンサルティングを担うことができるのか。

マッキンゼー|コンサル未経験の彼女が求めた、持続的に働き、成長し続けられるステージ

世界65カ国以上、130以上のオフィスに2万人以上のコンサルタントが在籍するマッキンゼー・アンド・カンパニー。過去5年間で5500社以上のクライアント企業を支援した戦略系コンサルティングファームだメーカーを経て入社し、現在マネージャーとして活躍する佐藤愛季さんにお話を伺った。

PwCコンサルティング合同会社、Data & Analyticsを採用強化

世界155カ国に、約28万人以上のプロフェッショナルが在籍するPwC。テクノロジーコンサルティング部門 Data & Analyticsチーム、マネージャーの浅野さんのインタビューをお届け。

「ライフステージが変わっても、第一線で活躍し続けたい」IBMへ、27歳で選んだ道

27歳で総合系コンサルティングファームからIBMへ転職した、⼤櫛愛也(おおくし あや)さん。彼女の転職ストーリーに迫る。

前職は、会社役員。33歳でリブ・コンサルティングへ。求めた成長機会

中堅企業・ベンチャー特化型の戦略コンサルティング――その先駆者がリブ・コンサルティングだ。同社に2021年1月に入社したのが、新藤遼介さん(34)。前職は会社役員。なぜ、リブ・コンサルティングへの転職を決めたのか。そこには自己流・独学で築いてきたキャリアへの危機感があった。

アビームコンサルティングで手がけるAIプロジェクト

アビームコンサルティングにおいて、デジタル時代の企業変革の支援を担う「ABeam Digital」。さらに、専門組織の一つとして「AIセクター」が組成されている。今回は、その「AIセクター」シニアマネージャーの宮田裕生さんにお話を伺った。

最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト