REPORT
不動産・建設業界でステップアップ!

どうなる? これからの不動産・建設業界。営業マネージャー・管理職の求人募集に注目!

掲載日:2017/12/11更新日:2018/06/26

不動産・建設業界に変化の兆しが見えている。既存事業に加えて、民泊用リノベーション、高齢者向け賃貸住宅、土地有効活用(駐車場の運営支援)など新たな分野に力をいれる企業も。こうしたなかで重要なのが営業部門を束ねる「営業マネージャー・管理職」だ。どういった求人募集があるのか、業界動向と併せて見ていこう。

>>>「不動産・建設業界 営業管理職」の求人一覧はこちら

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

2020年まで、2020年以降…不動産・建設業界はどう変わる?

少子高齢化やテクノロジーの進歩など、人々の生活環境がどんどん変化していく時代へ。不動産・建設業界も大きな転換期を迎えているといっていい。

たとえば、2020年に向けた、都心部を中心に進んでいる再開発ラッシュ。その他、オフィスビル需要の高まりも。大手不動産会社や大手ゼネコンの過去最高益なども記憶に新しい。

こういったなか、各社が取り組む新ビジネスからも目が離せない。テクノロジーを活用した新たなビジネスチャンスに乗り出す企業、先行投資を強化する企業などさまざま。

いずれにしても、背景にあるのは、2020年以降、国内における不動産・建設市場に対する懸念。さらに加速すると見られる少子化、居住&労働環境の変化・多様化は、不動産・建設業界に大きな影響を及ぼすと見られている。

新たなビジネスに乗り出す企業も。

ここでは代表的な企業における新たな動きについて見ていこう。たとえば、東急不動産グループが始めたのが「民泊運営」に対応できる一戸建てリノベーション事業サービスだ。民泊事業者と提携し、物件の管理、施行やデザインなどを行なっていくという(*1)。増え続ける空き家の有効活用を軸とした事業領域への参入は、今後ますます進んでいきそうだ。

また、「駐車場の運営支援などの土地有効活用ビジネス」、「福祉事業者と連携した高齢者向け賃貸住宅の建設」など、これからの時代に対応していくビジネス参入も進む見通しだ。

(*1)戸建てリノベで民泊物件に 東急不、設計・管理一括で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22512540Q7A021C1TJ1000/

SEC

「営業マネージャー・管理職」における注目求人

既存・新規…いずれにしても事業戦略が複雑化するなか、営業職に期待される役割も変化していく。提案の幅が広がっていくなか、いわばマニュアル化/テンプレ化されたソリューションでは顧客へのフォローが行き届かないケースもある。営業として顧客のニーズ、課題をとらえ、多角的な提案ができる営業メンバーが求められていくだろう。

さらにいえば、営業を統括し、マネージャー・管理職募集の役割も重要になっていくはず。そこで今回は「営業マネージャー・管理職」に焦点をあててみたい。

たとえば、戸建住宅、マンション、リフォームなどの事業を手がける企業。住宅買取、リフォーム、再販などの業務におけるマネジメントを担う人材募集を行なっていた。また、ベンチャー企業でいえば、リノベーションから収益用不動産仲介事業まで、裁量を委ねられるポジションも。(※いずれも2017年12月現在)

事業領域が拡大する中、さまざまな事業において募集が行なわれている。ぜひ実際の求人を見てみてほしい。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト