SELECTION
メカ系エンジニア、必見

医療現場で進む、ロボット・IoTの活用。技術者にとっての新たな選択肢に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メカ系のエンジニアにとって「医療」も注目領域のひとつといっていいだろう。特に医療現場において活躍するロボット・IoT製品が誕生している。技術者にとって医療業界で働く意義や魅力に迫っていく。

>>>「医療 × ロボット」関連の求人はこちらから

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

医療 × ロボット・IoTの可能性とは。

日進月歩、技術の進歩が目覚ましい時代。機械・制御・設備など、いわゆるメカ系のエンジニアにとっても、どの業界でキャリアを積んでいくか重要なポイントだろう。今回取り上げていくのは、医療領域について。じつはここ数年、大手メーカーをはじめ、医療現場で活躍するロボットやIoT製品がぞくぞくと誕生している。

たとえば、トヨタ自動車が開発したのはリハビリテーション支援ロボット(ウェルウォークWW-1000)。その他、デンソーは手術支援ロボット(iArmS)、安川電機なども医療ロボット開発に力を入れる。

注目したいのは、政府にも医療現場におけるロボット導入支援の動きがあること。2017年3月には、手術支援ロボットの研究開発メンバーに対する支援額増額を決定(*)。医療分野への注目が高まっているといえそうだ。

(*)https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS23H76_T20C17A3PP8000/
手術支援ロボットへ支給増額 政府、追加で1億円 │日本経済新聞 電子版

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
SEC

医療業界を選ぶエンジニアたちの視点

高齢化社会が進む日本において「医療」は重要課題の一つ。技術によって社会課題を解決へ導いていく。さらに医療 × ロボット・IoTの市場は先進国をはじめ、世界で拡大する見込みだ。いま医療業界において経験を積んでおくことで、技術者としての市場価値の高まりにも期待ができそうだ。

たとえば、自動車・家電・設備など、他領域での知見をかけ合わせることで活躍のフィールドを広げていける医療業界の求人もある。技術者としてのやりがいも大きなものになるはずだ。ぜひ気になる求人があればチェックをしてみてほしい。

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト