SELECTION
ドローン特化型VC『Drone Fund』が出資

ドローンスタートアップの求人最前線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンに特化したVC『Drone Fund』。同ファンドが投資する企業の中から、現在募集中の企業に注目した。物流、移動、農業、建設、測量、空撮…あらゆる産業のアップデートを志す「ドローンスタートアップ」。各社の求人をお届けする。(8月16日現在、募集されている求人です)

※当記事は「Drone Fund × AMBI スタートアップ採用支援プロジェクト」に関連した特集です。ドローン・スタートアップ特化型VC「Drone Fund」は国内外合わせて約30社に投資。投資先には空飛ぶ車「SkyDrive」、農業用ドローン「ナイルワークス」、個人用飛行装置(エア・モビリティ)「テトラ・アビエーション」、京大発ベンチャーの「メトロウェザー」などがあります。  

株式会社プロドローン

産業用ドローンシステムの研究・開発・製造、コンサルティング等を展開。また、安全運用の為の教育トレーニングも手がける。世界初の2本のロボットアームを持つ大型ドローンの提供も話題に。「 Revolutionary Drones for Professionals 」を経営ビジョンに掲げ、革命的なドローンの開発ならびに新たな専門サービス提供を行う。

 

株式会社CLUE

「先端テクノロジーの社会実装によって世の中の不を解決する」という企業理念を掲げ、様々な業界に向けドローンのエンタープライズ向けSaaSプロダクトを展開する。

ドローンの自動操縦により屋根などを安全・簡易に点検可能にする、屋根点検ドローンサービス「DroneRoofer」。また、保険、飛行許可申請、アフターサポートを含めパッケージサービスとして提供。「DroneRoofer」は全国の屋根外装工事事業者、リフォーム会社、ハウスメーカーへの導入が進む。

株式会社FLIGHTS

ドローン領域の全方位型サービスプロバイダ。機体やソフトウェアの販売・開発、アフターサービス、運用代行などを広く手がける。中でも農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」は稲作作業の中でも重労働のひとつである農薬散布に特化。「誰でも簡単に使える」「安価で高性能な」ドローンを提供する。

株式会社Liberaware

産業分野に特化し、非GPS型小型ドローンの開発を行う。プラントやインフラ設備での点検・計測に貢献する製品・サービスを提供。2019年7月には、一酸化炭素(CO)や硫化水素(H2S)といった有毒ガスの検知機能を有したドローンの開発を開始したと発表した。

 

株式会社SkyDrive

空飛ぶクルマ(電動垂直離着陸型航空機)の開発・設計から製造、販売までを手がける。2019年2月には、東京都の「未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト」に採択され、助成を受けることが決定した。

株式会社エアロネクスト

産業用ドローンの研究開発・製造販売を手がける。ドローン機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所。2019年2月には、EY新日本有限責任監査法人が主催する “EY Innovative Startup 2019” を受賞。今後の成長が期待される企業として認定された。

Red Dot Drone PTE.LTD.

日本人がシンガポールで立ち上げたドローンベンチャー。自動制御による空撮ソリューションをはじめ、ドローンレース運営、レース用映像配信ソフトウェアを提供する。

株式会社かもめや

瀬戸内海をはじめ、日本の離島間を無人輸送機(ドローン)で繋ぐ物流プラットフォームサービスの開発を進める。2020年度内に、瀬戸内海西部エリア(愛媛・広島沖)離島1島、東部エリア(香川・岡山沖)1島において、無人輸送機を用いた商用物流サービスの提供開始を目標とする。

自身の知見やスキルを活かせるか、求人票だけから判断するのは難しいケースもある。そういった場合も、「興味あり」のボタンを押すことで「合格可能性」が届く。企業とのマッチングを確認する上でも、まずは「興味あり」ボタンをおすすめしたい。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり
お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト