REPORT
2025年、スポーツ市場を15兆円規模へ

コンサルタントとして、スポーツビジネスに携わる選択肢

掲載日:2019/09/06更新日:2022/11/25
求人掲載中

スポーツチームやリーグに対して、"収益最大化"や"経営基盤の強化"などに取り組む ―― スポーツビジネス領域のコンサルタント求人に注目した。

コンサルファーム × スポーツビジネスという選択肢

政府がスポーツ市場の拡大に取り組んでいる。2012年段階で5.5兆円規模のスポーツ市場を、2025年までに15兆円まで拡大させるという計画も(*1)。加えて「2025年までに全国のスタジアム・アリーナを新たに20拠点を新設する」というKPIも設定されている(*2)。

スポーツの成長産業化の施策の一つとして位置付けられているのが、スタジアム・アリーナ改革だ。「2017年から2025年までに20拠点を実現する」ことが成果目標として設定されており、地域活性化のためスタジアム・アリーナの活用を目指す。

そういった中、スポーツビジネス領域に携わるコンサルタントの募集が複数見受けられた。

10年後、20年後を見越したスポーツビジネスの創出に興味がある方は注目してみてほしい。

(*1)スポーツの成長産業化(第3期スポーツ基本計画):スポーツ庁
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop01/list/jsa_00006.html

(*2)令和4年度スポーツ産業の成長促進事業「スタジアム・アリーナ改革推進事業」の公募について:スポーツ庁
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/boshu/detail/jsa_00119.html

この記事が掲載されている特集はこちら
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
若手ハイキャリアのスカウト転職