SELECTION
スポーツリーグの事業計画策定も

デロイトがスポーツ部門で採用強化。スポーツビジネスコンサルタントの役割とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツチームやリーグに対して、"収益最大化"や"経営基盤の強化"などに取り組む「スポーツビジネスコンサルタント」。2019年7月30日現在、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社が同ポジションの募集を行なっているーー。

コンサルファーム × スポーツビジネスという選択肢

デロイトに「スポーツ部門」なる部門があることはご存知だろうか。

同社のHPによれば、スポーツビジネス領域を全面的に支援する部門とされている(*1)。実績でいえば、2017年の「Jリーグとのアライアンス契約締結」も記憶に新しい。

同部門における求人としては、2019年7月30日現在「スポーツビジネスコンサルタント」という職種での求人募集が行われていた。

今回の募集では、どういったスポーツ領域に携わるのか明記はないものの、仕事内容を見ていくと、

・スポーツリーグ・クラブの事業計画策定
・マーケットリサーチ
・官公庁向け提案書の作成、組織/ガバナンス再編

などの領域に携わるとされている。

また、求人票に記載されていた「求められるスキル」でいえば、"コンサルティングファームでのスポーツ関連業務" または "M&A関連業務に携わった経験" とある。

ただ、全くの同様の業務経験があることは稀。多少なりとも重なる経験があればまず「興味あり」ボタンから「合格可能性」の判定を受け取ってみてほしい。

ちなみに、政府もスポーツ市場の成長に目を向けている。2012年段階で5.5兆円規模のスポーツ市場を、2025年までに15兆円まで拡大させる計画も(*2)。加えて「2025年までに全国のスタジアム・アリーナを新たに20拠点を新設する」というKPIも設定されている(*3)。

10年後、20年後を見越したスポーツビジネスの創出に興味がある方は注目してみてほしい。

(*1)スポーツビジネス|デロイト トーマツ グループ
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/consumer-and-industrial-products/solutions/sb/sports-business.html
(*2)スポーツビジネスの拡大について - 文部科学省
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/001_index/bunkabukai/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/10/25/1378466_004_1.pdf
(*3)スポーツ産業の成長促進事業-スポーツ庁
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/018_index/shiryo/attach/__icsFiles/afieldfile/2017/10/30/1397212_001.pdf

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト