転職Q&A

現職の人間関係に辟易。転職理由はどう伝えるべき?

社内の人間関係に辟易して転職活動をはじめました。自分に問題がある点は改善してきましたが、中々上司とウマが合いません。

面接で転職活動の理由を聞かれた際、正直に答えると印象は悪いですか?転職理由が人間関係の場合はどう伝えたらよいか教えてほしいです。
入社後のためにも、転職理由は正直に。
業績を上げられなかった、人間関係が嫌になって…など、必ずしもポジティブとはいえない理由で転職活動をおこなうこともあるかと思います。
そのような場合でも、面接では「ありのままに伝える」ことがオススメ。

面接官もプロですので、退職するからには何かしらの不満があるはずと分かっているもの。それとなく取り繕っても相手に伝わってしまうものなら、正直に転職理由を伝え、さらに改善意欲も示した方が好感を抱いてもらいやすいと思います。

伝えるべきことを整理すると下記のようになります。

■何故転職をするに至ったのか?
■自分の悪かったこと・反省すべき点
■転職した先では、何を改善するか?どのように努力するか?

また正直に転職理由を伝えることは、入社後のためにもプラスです。
転職理由がどのようなものであれ、「何故転職したいのか?」は「転職先に何を求めるか?何を実現したいのか?」に繋がることかと思います。

「何故転職するに至ったのか。何を実現したいのか?」をありのままに伝えることができれば、企業側も「その希望を叶えられるか」を判断しやすくなります。あなたの希望が叶え辛い環境であれば、企業側は入社を断る可能性が高いでしょう。

もちろん、落ちるという体験は心苦しいものではありますが、転職で本当に大切なことは入社後にあなたが活躍できることです。
入社後の「こんなはずじゃなかった」を防ぐためにも、率直な自己開示を心がけてみてください。
その他の質問はこちら
お探しのQ&Aが見つからない場合はこちら
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト