SPECIAL

「食」の課題解決に挑む

タンパク質危機、食品ロス、水産資源の枯渇…「食」の課題に挑む企業をご紹介します。
2050年には食卓から豚肉が消える!? そんな未来をテクノロジーで変える「Eco-Pork」の挑戦

「世界の人口増加、新興国の経済発展に伴いミートショックが起きると予測されています。近い将来、豚肉も食べられなくなるかもしれない」こう語るのが、株式会社Eco-Pork代表の神林 隆さん。養豚に着目し、テクノロジーによって採算効率や資源効率の向上、ひいては食肉文化が尊重される未来の創出に挑む。彼らの挑戦を取材しました。

食糧危機に立ち向かう。フードテックスタートアップ特集

深刻さを増す「食糧危機」と今後どう向き合っていくか。代替肉、昆虫食、陸上養殖…ビジネスを通じて「食」の課題解決に挑む、フードテック企業を特集する。

食用コオロギで、世界の飢餓や栄養不足を解決へ。徳島大学発「グリラス」の挑戦

世界の食料問題に「食用コオロギ」で挑むグリラス社。新たなタンパク源としてコオロギに着目し、食用コオロギの一般化に挑む。食用コオロギの可能性、ビジョンについて、代表の渡邉崇人さんに伺った。

水産資源の危機を救え!陸上養殖プラットフォームで世界へ「さかなファーム」

地球規模での水産資源の課題に挑むスタートアップが、さかなファームだ。2025年までに、日本国内で「養殖のプラットフォーム」を構築し、成功事例を武器に、海外へ挑むーー。

深刻化する「食」の課題に、新たなソリューションを

今回取り上げるのが、「食」の課題解決に挑む企業について。生活様式が変わるなか、どういった取り組みを手掛けているのか。実際の求人とともに見ていこう。

この国の「食」を支えるために │ 農林水産省

民間でのキャリアを経て霞が関へ。新聞社・出版社勤務を経て、農林水産省に入省した佐藤一絵さん(農村振興局総務課長)にお話を伺った。

2022年、クイックコマース市場が競争激化。フードデリバリーの次なる巨大市場を獲得せよ

食料品や日用品などが30分程度で自宅まで届くーーいま、クイックコマースが新たなビジネストレンドとして大きな注目を集めている。2021年後半から、日本市場においてUberや出前館などのフードデリバリー企業をはじめ、Zホールディングスやレシピ動画サービス『クラシル』運営のdelyなど、企業がぞくぞく参入。求人市場としても盛り上がりを見せている。

最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト