REPORT
100年に一度の転換期を迎えた、自動車業界

自動車メーカー各社、仕掛ける新しい取組み。ホンダはベンチャーとの協業加速か。

掲載日:2019/03/17更新日:2021/02/19

「100年に一度の転換期」を迎えている自動車業界。各社ともに、自動車メーカーとしてどのように生き残りを図るのかに注目が集まっている。そんな中、ホンダはホンダジェットなど新たなビジネスに舵をきっている。今回は、各社の動向をふまえ、なかでもホンダのユニークな取り組みに注目した。

※応募前に【興味あり】を押すことで「合格可能性」が届きます。気になった求人があれば気軽にチェックしてみましょう。

各社提携が相次ぐなか、独自路線を突き進むホンダ。

自動車業界は、100年に一度の転換期を迎えている。

「CASE」(C=コネクテッド、A=自動運転、S=シェアリング、E=電動化)と呼ばれる四つの技術革新が到来。AIの急速な進歩も相まって、激しい開発競争が繰り広げられている。

それに伴い、この数年で各社では提携等の動きが加速している。

たとえば、2016年に「トヨタ」は「ダイハツ」を完全子会社化。「スバル」と「マツダ」に加えて「スズキ」もグループ化し、少しずつ出資比率を高めている。また、日産も三菱自動車を傘下に。

各社とも、「仲間づくり」の動きが活発化する中、独自路線を貫いているのが、ホンダだ。「他社と同じことはしない」という精神は、本田宗一郎の時代から続いているようだ。今回は、ホンダの取り組みについて、具体的に見ていこう。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

ベンチャー企業との協業を加速させるホンダ

ホンダのユニークさは、ベンチャー企業との協業にも表れている。シリコンバレーにある子会社「ホンダR&Dイノベーションズ」では2015年から、スタートアップ企業との協業プログラム「ホンダ・エクセラレーター」を開始。AIやロボット、コネクテッドカー、車載アプリなどの領域において共同研究を実施している。展開地域は、シリコンバレーやイスラエル、日本、ドイツなど世界各国に及ぶ。

加えて、異業界の大手企業ともコラボレーションにも積極的だ。

・ソフトバンクとAIやコネクテッドカー
・日立製作所とEVのモーター
・グーグルの自動運転開発子会社のウェイモと自動運転の共同研究

これらが目立った取り組みだ。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

ホンダグループが仕掛ける、新たなビジネス

そしてホンダグループは事業領域の拡張も積極的。近年、特に話題となったのが小型ビジネスジェット「ホンダジェット」だ。

2017年の納入機数では、世界第一位を達成(*1)。2018年3月には「ANA」と戦略的パートナーシップを締結。日本初のビジネスジェット専用旅行会社(ANAと総合商社「双日」が共同で設立)と協力し、さらなるマーケット拡大を目指す。

その他、「R&DセンターX」では既存の二輪車や四輪車、パワープロダクツ、ジェット事業以外の領域の研究を強化。「ロボット技術」「モビリティシステム」「エネルギーマネジメント」などの研究を進めている。

2018年6月現在、ホンダグループでは海外営業、マーケティング、商品企画、エンジニアなど、さまざまな職種で募集が行なわれている。ぜひ、求人をチェックしてみてほしい。

(*1)ホンダジェット、年間で世界1位に。小型ビジネスジェット機の納入数でセスナ抜く
https://www.huffingtonpost.jp/2018/02/21/hondajet-2017year_a_23367961/

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの記事
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト