SELECTION
50兆円超の巨大市場|建設業界

AI、IoT、ドローン…建設 × テクノロジーの未来、関連求人に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回取り上げるのは、建設×テクノロジーについて。Con-Tech(Construction-Tech)と呼ばれる同領域は、今、大きな注目を集めている。建設業界が誇るのは、国内50兆円超ともいわれる巨大マーケット。同時に、Con-Tech市場としてのポテンシャルも大きいと言えそうだ。同領域における動向と、求人募集を見ていこう。

建設業界×テクノロジー企業への投資額ー3年間で5倍の規模へ

テクノロジーによって、あらゆる業界に変化が起こる昨今。もちろん、建設業界も例外ではない。たとえば、5GやVR技術を活用した「建設機械の遠隔操作」の実証試験が進み、ドローンによる測量システム、VRによる設計ソフトなどはすでに製品化された。さまざまな領域においてテクノロジーの活用が進んでいる。

同時に、Con-Techサービスを手がける企業への投資額は急速な拡大傾向を見せている。CB insightsの調査によると、2013年から3年間で世界における投資額は約5倍へ。

さらには、大手テクノロジー企業による同領域への参入も進む。たとえば、オラクルは建設業界向け契約・支払い関連クラウドサービスを提供する「Textura」を600億円超で買収、コワーキングスペース大手のWeWorkは建設業界向けSNSサービスを提供する「Fieldlens」を買収した。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

Con-Tech国内サービスの動向は?

国内においては、2016年よりIT活用による建設業界の生産性向上に向けた国家プロジェクトが始まった。同プロジェクトは数値目標として、2025年までに建設現場の生産性2割向上を掲げる。

こうした中、国内では注目を集める数多くのサービスが生まれている。

たとえば、建設機械メーカー大手のコマツは、測量、施行計画、現場でのオペレーションなど、あらゆる工程をICTでつなぐ「スマートコントラクション」を提供。2017年には、アメリカのAI開発大手「NVIDIA」との連携を開始した。AI活用により、さらなるサービス拡張が期待される。

さらに、大手ゼネコンの清水建設は人の代わりに溶接などを行なう「建設ロボット」を発表した。AIを搭載し、周囲の状況を把握しながら、自動で鉄鋼の溶接や天井へのパネルの取り付けが可能に。ロボットの導入により、8割近い人的コスト削減が見込めんでいる。

資金調達5億円超。注目スタートアップによる求人に注目

それでは今、どういった企業が募集を行なっているのか。とくに求人が多く見られたのが、スタートアップ企業による募集だ。

今、Con-Techサービスを手がけるスタートアップ企業が注目を集めている。たとえば、国内最大級のスタートアップイベント『TechCrunch Tokyo 2017』内で行なわれたスタートアップによるピッチコンテスト「スタートアップバトル」において、決勝戦に進んだ6社のうち2社はCon-Tech企業(応募総数113社)。その他にも、多くの企業による資金調達も進んでいる。

2018年7月現在、募集が行なわれている企業の求人について紹介していこう。

株式会社 助太刀

建設現場の求人と職人を結ぶマッチングサービス「助太刀くん」を提供している。建設現場では仲間内での紹介や電話を使った交渉など、ある種非効率とも言える人材採用が行なわれてきた。「助太刀くん」が画期的なのは、スマートフォンで手軽に仕事の受発注ができる点だ。求職者(職人)は居住地と職種を登録するだけで、関連する仕事についての募集通知を受け取ることが可能。発注者は仕事内容や募集職種、人数を登録すれば最適な職人のみに仕事を依頼することができる。

2018年4月には、5億円超の資金調達を実施。大きな注目を集めている。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

株式会社オクト

建設・建築の施工状況や現場のコミュニケーションを管理することができるクラウドサービス「ANDPAD」を提供。建設業界の仕事は、発注者や元請けの建設会社、建設会社内の施工管理者、そのパートナーとして働く職人など多くの関係者が関わる。加えて、管理が複雑な一方で、デジタル化が進まず非効率な作業が多いという状況があった。「ANDPAD」は、施工管理者と現場とのコミュニケーション、指示や報告などを手軽に。導入した大手建設会社の現場監督における1日1時間の業務時間削減など、業務効率化した例もあるという。

リリースから2年足らずで導入者数は800社超へ。2018年3月には約4億円の資金調達も実施した。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

市場規模50兆円超と、国内有数の規模を誇る建設業界。今後、Con-Techにおけるマーケットとしても、さらなる拡大を見せていくはずだ。ぜひ、実際の求人をチェックしてみてほしい。

参考
建設経済モデルによる建設投資の見通し( 2018 年 4 月 ) ー 建設経済研究所
http://www.rice.or.jp/regular_report/pdf/forecast/Model(20180420).pdf

テクノロジーで建設業を進化させるConstruction-Techに取り組むスタートアップ、「Photoruction」のリリースおよび約1億円の資金調達を実施 ー
https://japan.cnet.com/release/30198468/

オラクル、Texturaを6億6300万ドルで買収へ--建設業界向けクラウドを強化 ー ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35082064/

Con-Tech(コンテック)が建設業界を効率化する。AIを搭載した“写真の達人”が工事写真の管理を自動化 ー AMP
https://amp.review/2018/03/26/con-tech-2/

TC Tokyo 2017スタートアップバトル優勝は、ホテル向けの経営分析ツール「ホテル番付」だ! ー TechCrunch
https://jp.techcrunch.com/2017/11/17/the-winner-of-tctokyo2017-startupbattle/

建設現場と職人のマッチングアプリ「助太刀」が5.3億円調達、ペイメント機能の提供も視野に
https://jp.techcrunch.com/2018/04/05/sukedachi/

建設プロジェクトSaaS「ANDPAD」開発のオクトが4億円を資金調達、経営プラットフォームへの進化目指す
https://jp.techcrunch.com/2018/03/06/oct-fundraising-400-m-yen/

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト