SELECTION
Webサービスの牽引役に

LINE、弁護士ドットコム…PM募集に見る事業戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、新規事業や海外向けサービスを担う求人に注目した。2018年12月現在、LINE、弁護士ドットコムなどが採用を強化中。各社の求人から「コア事業を基盤に事業領域を広げていく」という流れが見えてきた。実際の求人を見ていこう。

※今回はプロジェクトマネージャー、プロデューサー、プロダクトマネージャーの求人を取り上げています

LINE / プロジェクトマネージャー(『LINE Pay』『LINE チケット』)

>>>LINEの関連求人はこちらから

「キャッシュレス元年」とも言われた2018年。国内の覇権争いが注目される中、有力視される一つが『LINE Pay』だ。2018年12月には「年内の20%還元」を発表したことでも、話題に。今、サービスが重要なフェーズに置かれていることは間違いない。

そういった中、Webプロデューサーには『LINE Pay』や新たなFintechサービスの企画などが期待されている。

また、新たに2018年10月より開始したのが『LINE チケット』だ。チケット購入~発券までを『LINE』上で完結できる『LINE チケット』は、チケットの不正転売・買い占めなどに対する新たな打ち手になるかもしれない。サービスの立ち上げフェーズから参画することで、様々な経験を積めそうだ。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

弁護士ドットコム / サイトプロデューサー(『税理士ドットコム』、新規サービスなど)

>>>弁護士ドットコムの関連求人はこちらから

複数サービスに携わるWebプロデューサーを募集していた。

主力の『弁護士ドットコム』『税理士ドットコム』の他にも、法律関連の新規サービスをたびたび生み出してきた同社。2017年には、紙と印鑑で行っていた契約作業をクラウド上で行える新サービス「クラウドサイン」をリリース。すでにカード会社・クレディセゾンとの連携も進む。

FinTechなど、新たなイノベーションが次々と生まれる今、Web領域においても法律は重要なキーワードになってくる。同社の事業に携わることで、「法律」という新たなキャリアタグを得られるかもしれない。

オウケイウェイヴ / プロダクトマネージャー(海外向けデジタルコンテンツ)

>>>オウケイウェイヴの関連求人はこちらから

積極的に海外展開をしてきたオウケイウェイブ。

2017年10月には、仮想通貨事業を行う子会社「OKfinc LTD.」をマレーシアに設立。また翌年11月には、仮想通貨業界向けのセキュリティソリューションの提供に向けて、「パランティア社(米国/ビッグデータ分析による不正取引検知)と業務提携を発表した。

そういった同社では現在、海外に1400万人のユーザーを抱える「グリーティングカードサービス」のプロダクトマネージャーを募集していた。アメリカ市場ではすでにシェアトップクラスだが、今後英語圏でのさらなるサービス拡大を目指す。

グローバルチームのメンバーとして市場調査や、サービス企画を担っていくポジション。定期的に海外出張をしながら、各国の文化を理解した上でプロジェクトを進めていく…そういった経験を得られるようだ。グローバルを舞台に働き、視野を広げたい人にとってチャンスと言えるかもしれない。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト