SELECTION
大手企業の「知財」募集に注目

「知財」が事業拡大のカギに。求人ニーズの高まりも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知財を活用し、いかにグローバルマーケットで競争優位性を拡大・維持していくか。多くの企業が注力している。特に「IP(知財)ランドスケープ」など、知財の知見を経営戦略へと活かす動きも見て取れる。

導入進む、IPランドスケープ

海外展開に力を入れている大手企業において、「IPランドスケープ」と呼ばれる手法の導入が進む。

知財情報からビジネス分析を実施。M&Aや新規事業に活用していくというものだ。

つまり、他社に先駆けて押さえるべき特許や秘匿にすべき技術を判断。研究開発の初期段階から、どういった知財を自社に取り込むべきか、M&Aなど含めて検討する。

実際に、旭化成は2018年度にIPランドスケープに専念する知財戦略室を新設。さらにAGCが2017年、知財部署に「戦略策定の専門チーム」「戦略に沿った知財の出願・権利化チーム」を創設するなどの動きもある。

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり

こうした中、「知財」の求人ニーズも高まりを見せる。実際の求人を見てみると、特に海外展開に注力する企業の募集が多く見受けられた。

たとえば、Cygamesでは「知財担当」の募集を行なっていた。また、パナソニックでは「知財を用いた戦略企画」の募集が見受けられた。グローバル展開を強化していく上で、知財部門における企画・戦略系人材の拡充を進めているようだ。

さらに、ソフトバンク、貝印、三菱ケミカルなど多くの企業が募集を行なっている(*)。ぜひ実際の求人をチェックしてみてほしい。

(*)2020年9月現在

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト