SPECIAL

DXを推進せよ

激変する時代、ニーズをつかみ迅速にマーケットに求められるビジネスモデルへと再構築していく。そこでキーワードとなるのが「DX」。今回はDXを推進する企業を一挙に見ていこう。
オンライン接客、ライブコマース、コミュニティ型CRM…化粧品業界で進むDX

コロナ禍、化粧品をの販売店舗は閉鎖、テスターは撤去され、“触れる”カウンセリングの中止は余儀なくされた。そもそも、人と会う機会やイベント等が中止になることで、人々のメイクアップ意識そのものが希薄に。こうした中、各ブランドではデジタル上での「顧客体験」創出に注力する流れが本格化しているーー。

DXを武器に、地方創生を実現せよ

少子高齢化や人口減少など、地方が抱える課題は深刻化の一途をたどる。こうしたなか、解決の手段として注目が集まるのがDXだ。地方自治体による民間企業との取り組みも活発化。同時に関連ポジションでの採用も多く見られるようになってきた。

脱ハンコを皮切りに、需要が高まるリーガルテック

「脱ハンコ」で注目される電子印鑑、AIシステムによる契約書レビュー支援サービスなど。テクノロジーを用いた法務における課題解決を図るサービスが需要を伸ばす。同時に関連企業による採用も活発化しているーー。

変化する、消費者の購買行動

実店舗に来店した顧客に対し、商品をおすすめし、購入してもらう。従来のビジネスモデルでの生き残りが困難となるなか、重要性が高まっているのが、いかに消費者のニーズを的確に把握し、消費者に役立ち、価値のあるものを提供できるか。その有効な手段としてDXへの対応が急務となっている。

金融・決済領域を起点に、事業創造のプロフェッショナル集団「インフキュリオン」

QRコード決済、給与のデジタル払い、ネオバンク…あらゆる企業が参入し、盛り上がりを見せるFintech領域。"すべての企業はFintech企業になる"とも言われるなか、存在感を増しているのが、金融DXの旗手「インフキュリオン」だ。同社の可能性、コンサルタントとして築けるキャリアとは。

DXがビジネスの鍵を握る時代へ

コロナ禍に人々の日常が大きく転換するなか、必要とされるプロダクトやサービスは変化。それは安定した事業・顧客基盤を持つ大手企業でも同様だ。こうした激変する時代のニーズをつかみ、迅速にマーケットに求められるビジネスモデルへと再構築していく。DXは、そのために必要不可欠な手段となっているーー。

最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト