SELECTION
2023年、国内ユニコーン20社創出目指す

日経新聞がNEXTユニコーン発表、成長ベンチャーの求人に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月20日、日経新聞社が「NEXTユニコーン」を発表した。とくに採用強化している企業、求人掲載中(2018年7月現在)のベンチャーに絞ってみていこう。

ユニコーン企業数は、世界252社へ

2018年7月現在、世界におけるユニコーン企業数は258社(2018年7月時点)。同時に、2013年11月までの10年間でユニコーン企業の仲間入りを果たした企業はシリコンバレーを拠点する企業を中心として39社のみ。非上場ながら、マーケットから高い評価を受けるベンチャー・スタートアップ企業が次々に登場している。

こうした中、国内においてもベンチャー・スタートアップ支援の取り組みも活発となってきた。2018年6月には、官民連携のスタートアップ支援プロジェクト「J-Startup」がスタート。第一弾として、成長が見込まれる国内スタートアップ92社を選出した。目標として、「2023年までに20社のユニコーンを創出する」を掲げている。

「NEXTユニコーン」の求人に注目

2017年11月20日、日経新聞社は「NEXTユニコーン」を発表した。選定基準は、将来の成長が期待される企業価値30億円以上のスタートアップ企業(ベンチャーキャピタルなどとの協力のもと企業を抽出)。約150社を抽出し、最終的には108社が選出された。それでは、選出された企業の求人を見ていこう。

(2018年7月時点で求人募集が行なわれていた企業となります)

株式会社FiNC

2012年設立のヘルステックベンチャー。ヘルスケア×テクノロジーの先駆けとして事業・組織の拡大を続けてきた。日経新聞の調査によると、時価総額は225億円(日経新聞調査)。「J-Startup」にも選定されている。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

freee株式会社

国内トップシェアを誇るクラウド会計ソフト「freee」を提供するfreee社。人事労務や会社設立支援、スモールビジネスのバックオフィス業務を効率化するクラウドサービスなどの開発・提供も手がけている。2012年に設立。日経新聞が調査した時価総額は約400億円と、急成長を遂げている。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

C Channel株式会社

女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営。2015年の提供開始以降、月間動画再生数が6億回を超えるなど、国内最大級の動画メディアに成長した。日経新聞の調査によると、企業価値は163億円。

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。

その他にも、「NEXTユニコーンベンチャー」に選出された成長ベンチャーが求人募集を行なっている。ぜひチェックしてみてほしい。

参考
The Global Unicorn Club
https://www.cbinsights.com/research-unicorn-companies

企業価値、22社が100億円以上 NEXTユニコーン調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23487810U7A111C1EA8000/

必見のユニコーン企業15社まとめ!バブルの明暗を分ける10億ドルの価値を持つスタートアップとは?
http://okinawa.io/blog/tech/unicorn-startup

出でよ、次のユニコーン~経済産業省のプログラム「J-Startup」がスタート!:研究員の眼
https://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/unicorn-j-startup_a_23465346/

★気になった求人情報に、まずは「興味あり」を!
「あとから見返した時には募集が終了していた」ということも。気になった求人があれば、ぜひ応募前の【興味あり】をおすすめします。そうすることで「合格可能性」も届きます!

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト