SELECTION
WeWork、OYOの求人も

時価評価額10億ドル超ーー世界のユニコーン企業2社の求人に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ユニコーン企業」――非上場でありながら、時価評価額10億ドル(約1250億円)以上。今後巨額の利益をもたらす可能性を秘めた企業のみが、こう総称されている。そして今、世界のユニコーン企業が次々と日本市場へ本格参入。市場開拓に向けて、採用強化する動きも見て取れる。その中でも特に注目されている「WeWork」「OYO」2社の動向を見ていこう。

2019年、「WeWork」が日本展開を加速

全世界23カ国77都市287カ所以上で、コワーキングスペースを展開するWeWork(*1)。

2018年2月には、日本市場へ本格参入し話題に。国内では丸紅、ソフトバンク、SOMPOホールディングスなど、大手企業も多く入居している。

そして同年10月には、「日本全体に拠点を作り、ユースケースを広げていく」という拠点拡大計画を発表。2019年には、30拠点以上の運営を目指す計画だ(*1)。

こうした積極的な事業展開を背景に、求人募集も活発化。2019年1月時点で、コミュニティマネージャー、イベントマネージャー、セールスなどさまざまなポジションで募集を行なっている。

(*1)2018年6月時点

 

  • スカウトのマッチング精度があがる!
  • その求人への合格可能性がわかる!
興味あり

インド発ユニコーン「OYO」、2019年に本格始動

今、インドで多くのユニコーン企業が誕生している。企業数は10社と、アメリカ、中国、イギリスに次ぐ、世界第四位に踊り出た(2018年3月時点 *2)。

その中でも注目を集めているのが、インド最大手ホテルチェーン「OYO」だ

注目したいのが、その驚異的な成長性だ。画期的なフランチャイズシステムを武器に、2013年の創業から2年で客室数でインド最大手に。2023年のホテルチェーン世界1位の実現を掲げている(*3)。

中国、ネパール、マレーシアなど世界展開も加速する同社は、2018年に日本法人を設立、2018年度内の事業開始を計画する。

そういった中、日本法人の立ち上げメンバーを募集していた。セールス、マーケティング、広報、バックオフィス…さまざまな人材が求められている。

 

(*2)ユニコーン企業最新レポート2018年3月時点(まとめ)日本は現在メルカリ1社、プリファード・ネットワークスの名前は?
https://glotechtrends.com/global-unicorn-180410/
(*3)インド発格安ホテル「OYO」、日本進出へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36737240Q8A021C1EA5000/

お疲れ様でした!
一週間以内に「興味あり」した求人の合格可能性をお知らせします。職務経歴書を更新すると、合格可能性が高まります。
この記事を読んだ人におすすめの特集
最近ご覧になった求人に基づいたおすすめの求人
あなたの合格可能性が分かる
若手ハイキャリアのための転職サイト